人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NSX-GT、シビック タイプRほか話題のクルマがずらり!東京オートサロンで最も熱気を感じた「HONDA/無限」ブース

2020.01.28

東京オートサロンで最も熱気を感じた「HONDA/無限」ブースには「NSX-GT」「シビック タイプR」などが展示

「東京オートサロン」レポートPart.1「GRヤリス、レヴォーグ プロトタイプ STI Sport、スイフトスポーツ カタナエディション、東京オートサロン2020で話題を集めたモデル大集合」は下記URLをクリック!
https://dime.jp/genre/847217/

世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」が、今年も1月10日〜12日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催され、3日間の合計来場者数は33万6060名(前回:33万666名)と過去最高の動員数を記録した。

チューニング雑誌「Option」の初代編集長である稲田大二郎さんが発起人となり、1983年よりスタートしたこの「東京エキサイティングカーショー」(※1987年以降「東京オートサロン」に改名)。

当初は、暴走族や違法改造車などとオーバーラップして批判が渦巻く中、「チューンドカーの市民権を勝ち取る」というコンセプトを掲げてスタート。その後、徐々にチューニングカーやドレスアップカーへの認知度が高まり、近年では自動車メーカーが積極的に参加することにより不動の人気に。

ということで、前回のPart.1に引き続き「東京オートサロン2020」について、自動車メーカーのブースを中心に気になったマシンやイベントなどをざっと振り返ってみよう。
※記事内容は、2020年1月10日の取材

HONDA/無限

さて、今回の「東京オートサロン2020」を取材していて、最も人々の熱気を感じたのがHONDA/無限ブース。昨年に引き続き「クルマ好きが集う場」というテーマのブースには、幅広いモータースポーツで活躍する2輪・4輪のレーシングマシンたちが展示され来場者を魅了していた。

これは私の写真に対する言い訳でもあるのだが、多くのホンダファンが展示車を取り囲み、熱心に細部まで観察しているため、なかなか撮影ができないほどなのだ。(正確には、写真は撮ったのだが、人が多く入り込んでしまっているため使えない…)

2020年SUPER GTシリーズ GT500クラス 参戦予定車の「NSX-GT」

さらにブースに設置されたステージでは、2020年シーズンのSUPER FORMULAやSUPER GTに参戦する選手・監督の錚々たるメンバーが登場したり、1月11日にはインディカーシリーズに参戦中の佐藤琢磨選手のスペシャルトークショーなど、ファンにはたまらないイベントが盛りだくさんで行なわれた。

SUPER GTのチーム監督たち(写真右から、高橋国光氏、中嶋悟氏、金石勝智氏、中野信治氏、鈴木亜久里氏)が登場して、2020年シリーズへの抱負を語った

なお、そのほかHONDA/無限ブースで気になったマシンは以下のとおり。

今夏発売の改良型「シビック タイプR」が、サプライズで公開!さらに「走る、曲がる、止まるを進化させた」とのこと

2輪からは、2019年FIMロードレース世界選手権 MotoGPクラス チャンピオンの「RC213V」(写真右)と2019年FIMトライアル世界選手権TrialGPクラスチャンピオンの「COTA 4RT」(写真左)などを展示

2019年FIAフォーミュラ・ワンの「Aston Martin Red Bull Racing RB14」(写真左)と「Scuderia Toro Rosso STR13」(写真右)

「ヴェゼル ツーリング モデューロX」(写真手前)と「フィット モデューロX コンセプト」(写真奥)

無限からは「MUGEN フィット プロトタイプ(用品装着車)」

「MUGEN S660コンセプト(用品装着車)」

2019年SUPER GTシリーズ (GT500クラス)に参戦した「MOTUL MUGEN NSX-GT」のコクピットに乗込み、写真撮影ができるイベント(中学生以下限定)も

関連情報
https://www.honda.co.jp/autosalon/

マツダ

さて、大人の雰囲気が漂うマツダのブースでは、「MAZDA CX-30」「MAZDA CX-5」などクロスオーバーSUVのアクセサリーパッケージ装着車や、モータースポーツをイメージしたマツダ車のカスタマイズカーなどを展示。

また、「MAZDA CX-30開発者トークセッション」では、開発主査の佐賀尚人氏とチーフデザイナーの柳沢亮氏が登壇。「MAZDA CX-30」の開発秘話やマツダデザインに関する興味深い話を語ってくれた。

写真左のチーフデザイナーの柳沢氏と写真右が開発主査の佐賀氏

そのほか、マツダブースで気になったクルマは以下のとおり。

モータースポーツスタイルに仕立てた「MAZDA ROADSTER(NR-A)」

ピレリスーパー耐久シリーズの「村上モータース MAZDA ロードスター」

関連情報
https://www.mazda.co.jp/experience/event/autosalon_automesse2020/

日産自動車

50周年記念モデルの「GT-R」と「フェアレディZ」

日産のブースでは、昨年9月に発売した新型「スカイライン」のコンセプトモデルをはじめ、「GT-R」と「フェアレディZ」の50周年記念モデルや「GT-R ニスモ」2020年モデルとイタルデザインと共同開発した「GT-R50 by イタルデザイン」を展示。

さらに、「ニスモ(NISMO)」のロードカーやプレミアムスポーティーブランドの「オーテック(AUTECH)」のコンセプトカーなど幅広いラインナップをそろえ、日産のカスタマイズの世界観を演出していた。

「スカイライン」に“R”を冠した400Rをよりレーシーに仕立てたコンセプトカー「スカイライン 400R スプリント コンセプト」

「GT-R ニスモ」をベースに、日本のパフォーマンスとイタリアならではのクラフトマンシップの共存によって生まれた「GT-R50 by イタルデザイン」

電気自動車のダイレクトな加速やスムーズな走りに、ニスモがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現した「リーフ ニスモ」

SUPER GT 2019のGT500クラスに松田次生選手、ロニー・クインタレッリ選手のドライブにより出場した「MOTUL AUTECH GT-R」。ブースでは、キッズ向け乗り込み体験やニスモレースメカニックによるピットワークシミュレーションを実施

関連情報
https://www.nissan.co.jp/EVENT/CUSTOMIZE/

三菱自動車

三菱自動車ブースでは、“Drive your Ambition”をテーマに、オールラウンドミニバン「デリカD:5」、軽ハイトワゴン「eKクロス」、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」のカスタムカーおよび新型軽スーパーハイトワゴンの合計7台を参考出品。

無類のクルマ好きで知られる演出家・コメンテーターとして活躍中のテリー伊藤氏がプロデュースした「デリカD:5 eye・キュート produced byテリー伊藤」。フロントフェイスは、ボンネットをアッパーグリルまで延長させ、丸型のヘッドライトに変更するなどセンスのいい仕上がりとなっている

クロスオーバーSUV「エクリプス クロス 週末探検家仕様」は、“探検マインド”を持つアクティブな人を応援し、クルマを通じた、新しいドライブの楽しみ方、週末の過ごし方を提案。サスペンションにはエアフォースサスペンションジャパン製のスーパーパフォーマンスキットを採用し、ワイヤレスリモコン及びスマートフォンアプリで車高の上げ下げが可能となっている

関連情報
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/autosalon/tas2020/

「東京オートサロン2020」レポートPart.3へ続く

取材・文・撮影/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。