小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中華料理の年だった2019年のグルメトレンド、注目は「高級カウンター中華」

2020.02.08

 もうひとつの流れとして、香港の私房菜(シーフォンチョイ=プライベート・キッチン)が挙げられます。国際不動産価格でトップを独走する香港は、店舗の賃料もバカ高く、飲食店を出すには金がかかりすぎるため、1990年代後半、料理の腕に自信のある人が自宅のキッチン&ダイニングでレストラン営業する「私房菜」というスタイルの店が、現われ始めました(香港は、飲食店の営業に関する規制が緩かったせいもあるでしょう)。

「私房菜」は、マンションの上の階などで看板も出さずに営業する業態なので、本来なら客など集まるはずもなかったのですが、SNSの普及で、グルメの間で情報が拡散し、急速に知られるようになりました。

 香港の「私房菜」は、必ずしもカウンターの店とは限りませんが、2014年に白金台にオープンした『私厨房 勇(ユン)』が、カウンター・スタイルで「全席シェフズテーブルの私房菜」を謳い文句とし、それをメディアがこぞって紹介したおかげで、東京では、プライベート・キッチン=カウンター中華というイメージが出来上がりました。

 昨年3月、外食大手のソルトコンソーシアムが香港の人気プライベート・キッチンの女性料理人グレース・チョイを招いて西麻布に開いた『チョイチョイキッチン』は、1万5000円の1コースだけのカウンター中華。これまで、グレースが香港に帰っている間は店をレンタル・キッチンとして貸し出していましたが、最近は彼女も香港の店を助手に任せて東京に家を借り、通年での営業を目指していると言います。この店に行けば、東京で香港のプライベート・キッチンを体験することができます。

 また、私房菜を謳っているわけではありませんが、目黒の『サエキ飯店』、渋谷の『中華寝台』、白金台の『シノワ』も、私房菜っぽいおまかせコース1本のハイレベルな高級カウンター中華。さらに今年は、田町の『チャイニーズ・レストラン 漢』、学芸大学の『farm studio #203』、池尻大橋の『中国菜 灯菜(ヒナ)』のように、安い価格帯で本格的な料理を出すアラカルト主体のカウンター中華も誕生しています。

 築地の人気四川料理店『一凜』の経営元のウェイブスが4月に有楽町に出店した『テクストゥーラ』は、中華とスパニッシュを融合させたちょっと変わった店ですが、この店も店内の中央にカウンター席をどーんと据えた変型カウンター中華で、『一凜』同様、コースの最初によだれ鶏が出され、そのタレに絡めて、次の餃子や山椒麺を食べるスタイル——「よだれ鶏」のタレを次の料理にも使うスタイルは、不勉強にしてどの店が元祖かは知りませんが、今年の中華の大きな流行のひとつで、稲荷町の『中国意境菜 白燕(バイエン)』や祖師谷ヶ大蔵の『胡同三㐂(フートンサンキ)』をはじめ、多くの店が採用しています。

 『中華寝台』

『中華寝台』は、渋谷東急本店脇にあった人気ワイン・バー『シブヤ・ベッド』跡に10月にオープンした、話題の高級カウンター中華。国際薬膳調理師の資格を持つシェフの上笹俊は、青山の人気中華『エッセンス』出身。料理は1万2000円のコース1本。『虎峰』の山本雅シェフがメニュー監修をしているそうです。
◆住所:渋谷区道玄坂 2-23-13 渋谷デリタワー2階 ◆電話:03・3476・6120

中華

【秘訣】中華は、カウンターで目も耳も楽しませる

取材・文/ホイチョイ・プロダクションズ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。