人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

地図を見てもわからない時はストリートビューで確認!Googleマップの賢い使い方

2020.01.28

Googleマップは行きたい場所を事前に調べられるだけでなく、ナビとしても使える。しかしナビを使っている時に、地図上のイメージと、実際の風景との違いに戸惑い道を間違えたことはないだろうか。そんな時に使えるのがGoogleマップのストリートビューだ。今回は実際の風景を取り込んだストリートビューの使い方を紹介しよう。

【参考】Googleマップ

Googleマップのストリートビューを使えば事前のリサーチができる!

Googleマップにはストリートビュー機能がある。ストリートビューは、自由に視点を切り替えられるので、移動しながら周囲の風景が確認できる。これを使えば、どこにどのような建物や施設などがあるのかをチェックできる。

【参考】使いこなすと超便利!Googleマップのストリートビューの正しい使い方

やっぱり大画面のパソコンで! Googleマップのストリートビューの使い方

ストリートビューは、できるだけ大きな画面で表示するのが良いだろう。腰を据えて事前にリサーチするなら、画面が大きいパソコンの利用をおすすめする。

Googleマップのストリートビューの表示方法

WebブラウザでGoogle マップにアクセスし、右下のストリートビュー表示ボタンをクリックする。これで地図表示が切り替わる。

Googleマップのストリートビューが表示されない場所はある?

ストリートビューは、すべての場所に対応しているわけではない。たとえば建物の中や私有地、細い道などだ。地図表示が切り替わると、ストリートビューを表示可能な場所がわかるようになっている。対応している場所をクリックしよう。

Googleマップで検索してからストリートビュー表示に切り替えよう

ストリートビューで、目当ての場所付近の状況を確認するなら、左上の検索ボックスにキーワードを入力して、目的地をあらかじめ特定しておこう。

住所入力で絞り込んでからストリートビュー表示に切り替えられる

お目当ての場所の検索は、もちろん住所でもできる。住所がわかっている場合は、検索でサッと表示してしまおう。

住所入力で絞り込んでからストリートビュー表示に切り替えるのはスマホアプリも同じ

スマホでGoogleマップを利用するなら、ブラウザからではなくアプリ(Google Maps)を利用するのが便利だ。アプリでもストリートビューを利用できる上に、ブラウザアプリから住所の検索で場所を表示して地図をタップすると、自動的にアプリに切り替わる。

Googleマップでは過去のストリートビューを見られる場所もある

ストリートビューを表示してみると、左上にメニューが表示される。ここに時計マークのアイコンが現れることがある。これをクリックすれば過去のストリートビューを見られる。

クリックすると、小さいウインドウが現れ、下部のスライダーでストリートビューの撮影時期を切り替えられる。新しい建物だと、以前は更地だった様子などがわかる。

iPhoneでのストリートビューの使い方

iPhoneのGoogle Mapsでは、長押しをすると地図上にピンを立てられる。その地点がストリートビューに切り替え可能な場合、左下に切り替えアイコンが表示される(下図左)ため、タップして切り替えよう。また、メニューを表示した状態ならば、メニュー内のストリートビュー画像をタップすれば、ストリートビューに切り替えられる(下図右)。

Androidスマホでのストリートビュー使い方

Androidでもアプリの操作方法はiPhoneと同じだ。上記の手順で操作してみよう。

【参考】スマホでGoogleマップのストリートビュー機能を使いこなす方法

Googleマップでストリートビューが見られない場合はどうする?

アプリやデバイスの状態などが原因で、ストリートビューに切り替えられないことがある。そんな時は、アプリやデバイスの再起動を試してみよう。もちろん、アプリやOSを最新にアップデートしておくことも必要だ。

Googleマップでストリートビューが見られない場所があることにも注意しよう

先述したように、ストリートビューに切り替えられない場所もある。そういった場所では、切り替えボタンが表示されなかったり、場所をクリックしても無反応だったりする。不具合を疑う前に、ストリートビューが利用可能かどうかも確認しよう。

ストリートビューの写真はすべて実際に撮影している!?

ストリートビューで表示される写真は、すべて実際に現地で撮影しているパノラマ写真だ。

ストリートビューの撮影日って決まっているの?

すでにストリートビューを表示できる場所であっても、写真更新のため撮影は適宜行われる。撮影場所や時期は、Googleが独自に計画しているようだ。

ストリートビューの撮影予定は公開されている!

撮影場所や時期は、以下のサイトで公開されている。もちろん、日本国内でも今後撮影の予定が組まれている。

【参考】撮影を予定している場所

どうやって撮影するの? ストリートビューの撮影方法

世界中で広範囲に及ぶストリートビューの撮影は、どのように行われているのだろうか。ここからはストリートビューの撮影方法を紹介しよう。

ストリートビューの撮影に主に使われるのは撮影車

ストリートビューの作成には膨大な量の写真を用意する必要がある。この写真のほとんどは撮影車(ストリートビューカー)が実際に走行し撮影している。

車が通れない場所のストリートビューは徒歩で撮影

ストリートビューが表示できるのは、道路だけではない。室内や車が入れない施設などでは、バイクやスノーモービルも利用する。もちろん、徒歩で撮影するための機材もある。

世界中の様々な場所が見られるGoogleマップのストリートビュー。行きたい場所の事前リサーチだけでなく、海外に足を伸ばしてちょっとした旅行気分を味わってみるのもいいかもしれない。

※データは2020年1月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。