人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

かけていることを忘れそう!重さわずか3.8gという眼鏡市場の無重力メガネフレーム「ZEROGRA」

2020.01.16

 残業、休日出勤だらけの激務の中で、身も心も目も疲弊している「現代人」。

 筆者も以前は視力2.0だったのですが、かつて連続出勤約1年の、地獄のような(というか地獄そのもの)職場に左遷された時期に、あっという間に視力がガタ落ちしてしまい、残念ながらメガネさんになってしまいました。

 はてさて、ここだけの話、イマドキのメガネは、近視、遠視、乱視専用のメガネがあるだけでなく、遠近両用の機能もあったり、複数の度数を一つのレンズで実現できるような仕組みがあったり、焦点が複数合わせられたり……と、実にバラエティに富んでいて、百花繚乱(ひゃっかりょうらん)花盛りです。

昔じゃあ考えられなかった、超軽量の「メガネ」があるってホント?

 そんな、一見すれば、もう新たなテクノロジーなんて、何1つ反映できそうにないような、古き良き「メガネ」の世界ですが、実はここ最近、オドロキの最新のハイテクノロジーを駆使した、新時代の「メガネ」が登場して、巷(ちまた)では結構、話題となっております。

 御多分に漏れず、急激な老化現象ですっかり体力が無くなってしまった筆者ではありますが、あまりの心技体の衰弱の結果、眼鏡のフレームまで重く感じるようになってしまいました。これは由々しき問題です。というか、かなりヤヴァイです。

 ハイテク眼鏡が全盛のこの時代、思わず、かけていることすら忘れてしまいそうな、超軽量でライト・ウェイトな眼鏡は存在しないのでしょうか……?

 実はあります。

 このたび、すべてのメガネがレンズ一式価格で、超薄型も、両面設計遠近両用レンズも追加料金0円の「眼鏡市場」より、超軽量の「無重力という名のフレーム ZEROGRA」が発売されています!

時代は超ハイテク!最新のテクノロジーを駆使した、超軽量「メガネ」が登場!

 メガネユーザーは、1日中メガネをかけ続けている人が多いですが、その中でも筆者のように、メガネのフレームが重たくて重たくてたまらない、と嘆いている人も多いかと思われます。そんな人のための福音となって生まれたのが、「ZEROGRA」なのです!

眼鏡市場/無重力という名のフレーム ZEROGRA

 眼鏡市場の「ZEROGRA」は、何と! これまでにない軽さとしなやかさで、メガネをかけているのに、まるでかけていないかのような無重力感を実現しました。

 しかも! 一見、華奢(きゃしゃ)で壊れやすそうにみえますが、そのデザインからは想像できないほどの驚くべき丈夫さも両立させています。まあ、日常生活でここまで乱暴にメガネを壊すことがあるのかどうかはともかくとして。

 現在発売中の「ZEROGRA」は、メガネの聖地として、世界的に有名な、「福井県鯖江市」の職人の手によって、1本、1本手作りされています。

 福井県鯖江市とは……。眼鏡フレームの国内製造シェア約96%を誇る、眼鏡の梁山泊、桃源郷、聖地巡礼です。ようするに、我々のかけている日本製眼鏡のほぼ全部(に近い割合)が、鯖江市製の眼鏡なのです。これは全王さまもおったまげの限界突破ですね!

めがねのまち さばえ/鯖江市

ようこそ、鯖江市へ

「ZEROGRA」は、パーツの細部までこだわりぬくJAPANクオリティと最先端の技術により、驚きのかけ心地を実現しています。

 また、「ZEROGRA」は、「おもてなし」精神にあふれた製品やサービスを世界に紹介していくプロジェクト「 おもてなしセレクション」で金賞を受賞しています。今こそが、「お・も・て・な・し♥」の時代です!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。