人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleドライブのデータを間違って削除してしまった場合、元に戻すことはできるのか?

2020.01.19

様々なファイルデータを保存できるGoogleドライブですが、無料で使用できるストレージは15GBと限られています。中には、より長くGoogleドライブを利用するために、不要となったファイルデータを削除して、空き容量を増やしている人もいるのではないでしょうか? そんな時に、間違えて必要なデータも一緒に削除してしまった時、果たして復元はできるのでしょうか?

【参照】無料で容量15GB!クラウドストレージ「Googleドライブ」の上手な使い方

必要なデータを消してしまった! すぐに気がついた時は?

必要なデータを間違って消去してしまい、すぐにそれに気がついた場合は、画面左下に表示される上図のポップアップの「元に戻す」をクリックすれば、即座に消去指示を撤回できます。ただし、上図ポップアップが表示される時間はわずか数秒です。ポップアップが消えてしまった場合は、Macなら「コマンドキー」+「Zキー」、Windowsなら「Controlキー」+「Zキー」を押すと、直前の状態に戻れます。

必要なデータを消してしまった! しばらく経ってから気がついた時は?

Googleドライブでデータを間違って消去してしまい、しばらく経った後に気がついた場合は、以下の方法でデータを復元しましょう。

1:Googleドライブを開きます。
2:画面左側の「ゴミ箱」をクリックします。
3:復元したい削除したデータが残っていればカーソルを合わせて右クリックを押します。
4:「復元」をクリックします。

以上です。なお、削除してからゴミ箱に保管される期間は25日程度です。それ以上の日数を過ぎると、自動削除されてしまい、復元は難しくなるのでご注意ください。

文/高沢タケル

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。