人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もしかして故障?エアコンから聞こえる異音の正体と原因

2019.12.23

ファンが回転しており、内部を空気や冷媒が移動するので、無音というわけにはいかないのがエアコンだ。ただ、音がするからといって故障しているとは限らない。この記事では、エアコンから聞こえる異音の原因を解説する。後半では車のエアコンの異音についても解説しているので、参考にして欲しい。

【参考】調子が悪いと思ったらすぐチェック!エアコンのメンテナンスと最新機種の選び方

エアコンからうるさい音が鳴り始めたのは故障したから?

冒頭にも書いたように、エアコンの異音は必ずしも故障に結びつくとは限らない。エアコンの音は、異音なのか正常な動作音なのかわかりにくいことがある。

【参考】エアコンが効かないのはなぜ?最初に確認すべき原因と対処法

エアコンが発する異音とその原因は様々

エアコンが発する異音には様々なものがある。それぞれに音が出る原因があるので、それを知れば、安心して使い続けられるし、本当に故障したときの音と区別できるようになる。ここからは異音ごとに原因と対策をご紹介しよう。

エアコンから聞こえるゴーという音の原因

ゴーという音は、換気機能がついているエアコンで、換気を行っている時の音の可能性が高い。換気のためにファンが回っていると音が大きくなる傾向にある。換気設定を調節すると音を弱められるはずだ。

エアコンからトントン・ポコポコという異音が聞こえるときは

これはドレンホースの内部を空気が通過する時に生じる音の可能性が高い。ドレンホースは、エアコンの内部で結露した水を排出するためのホースで、内部に水がたまっていることがある。たまった水の中に外から空気が入ってくると、トントンやポコポコといった音が鳴ることがある。この現象は、密閉性の高いマンションなどで、ドレンホース以外に空気の通り道が少ない場合に起こりやすく、換気扇を使っているときには特に起こりやすい傾向にある。部屋の窓や壁の換気口を開ける、あるいは換気扇を止めれば収まるケースが多い。

エアコンの異音トントン・ポコポコを止める方法

根本的にトントン・ポコポコ音を止めたい場合は、ドレンホースに逆止弁を取り付ける方法もある。逆止弁は、ドレンホースが排出する水は通しても外からの空気は通さない構造の弁で、ドレンホース内に空気が入ってこなくなるので、トントン・ポコポコ音の発生を防げる可能性が高い。

【参考】室内機から変わった音がする(ダイキン公式HP よくあるご質問)

日立のエアコンから異音が聞こえ始めた……原因は?

日立製のものに限らず、エアコンからは上で紹介した以外にも、様々な音が発生している。これまでに紹介していない音について、まとめて紹介しよう。

日立製のエアコン・室内機から聞こえる異音の原因

室内機からの音には「カタカタ」という音がある。これは、フィルターやダストボックス、フロントパネルなどの取り付けが不十分な場合に、エアコンの振動によって生じている可能性が高い。上記の部品をしっかり取り付けることで、音を消せるはずだ。また「キシキシ」というきしみ音がする場合があるが、これはエアコンの部品が温度の変化で、わすかに伸縮することによって生じるものだ。

【参考】エアコン(室内機)からの音が気になります。(日立公式HP よくあるご質問)

日立製のエアコン・室外機から聞こえる異音の原因

室外機からは「シュルシュル」「サー」「ボコボコ」「ブシュー」といった音が発生することが多い。これらは、室外機の内部を流れる冷媒の音や、冷媒が流れる方向を切り替える際の音だ。また、「シュルシュル」「サー」といった音は、室内機から聞こえてくることもある。これら以外にもエアコンからは、ファンやルーバーの動作音なども聞こえる。上記で紹介したものとは明らかに異なる音がする場合や、急に音が出るようになったり、音が以前よりも大きくなったりした場合は、販売店やメーカーに点検を依頼することを考えて欲しい。

【参考】室外機から「シュルシュル」「サー」「ボコボコ」「ブシュー」という音がします。(日立公式HP よくあるご質問)

車のエアコンからの異音は、コンプレッサー故障のサイン?

ここからは車のエアコンに話題を移して、異音の原因について解説していこう。

【参考】ディーラー?整備工場?スタンド?自分に合った車検の選び方【意外と知らないクルマのこと】

車のエアコンからウィーン、カラカラ、ジーという異音! これはコンプレッサー故障の可能性あり

エアコンからウィーン、カラカラといった音が聞こえる場合は、コンプレッサーの故障が疑われる。エアコンをオンにすると音が聞こえ、オフにすると消えるようであれば、さらに可能性が高い。また、これらの音が聞こえるようになる前にジーという異音が聞こえることもある。これらの異音はコンプレッサーを交換すれば解消する可能性がある。

車のエアコンからのシューという異音はガス漏れ?

シューという異音は、エアコンのガスが漏れている音、あるいはエアコンのガスを気化させるエキスパンションバルブから出ている音の可能性も高い。エキスパンションバルブからの異音である場合、すぐにエアコンが効かなくなるわけではない。バルブが劣化したり、エアコンガスが不足していたりする可能性があるので、点検とガスの補充を依頼した方がいい。ガスが漏れている場合は、早めに修理に出そう。

車のエアコンから聞こえるキュルキュルという異音はベルトからの可能性大

車のエアコンはエンジンとベルトで繋がっている。このベルトが劣化して滑りやすくなるとキュルキュルという音が鳴る。この異音はベルトの交換で解消できる。そのまま放置しておくと、最悪ベルトが切れることもあるので、早めの交換を心がけたい。

車のエアコンが出すキーン、ブーン、カタカタという異音はブロアモーターが原因?

ブロアモーターというのは、エアコンから空気を送り出す部品、送風機のことだ。このブロアモーターが故障すると、キーンという異音を発することがある。これはブロアモーターの交換で解消できるはずだ。また、ブロアモーターにゴミが付着すると、ブーンやカタカタという音が出る。ゴミを取り除くことで、これらの異音は解消できるだろう。

車のエアコンフィルターが目詰まりするとガラガラという異音が!

ガラガラといった異音が発生しているときは、エアコンフィルターの目詰まりが原因のことが多い。この場合フィルターを交換すれば、解消する。また、コンプレッサーやブロアモーターの故障で生じる音が、ガラガラといった感じに聞こえることもある。

家庭用のエアコンと車のエアコンから聞こえる、様々な異音とそれが生じる原因を解説してきた。エアコンの異音には心配が要らないものもあれば、故障によって発生するものもある。異音の目安は、音の大きさだ。使い始めたころより、明らかに動作音が大きくなっていると思ったら故障を疑おう。この記事を読んで、異音の原因が故障かもしれないと思う場合は、早めに点検・修理がおすすめだ。放置しておくと、修理費がかさむことにもなりかねない。

※データは2019年12月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。