人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

品薄状態が続くニコンのAPS-Cサイズミラーレス「Z50」人気の理由を徹底解剖

2020.01.06

レンズの特徴を引き出す2088万画素のCMOSセンサー

『Z50』に搭載されたのは像面位相差AF画素を搭載したCMOSセンサーと上級機と同じ画像処理エンジンであるEXPEED 6である。この組み合わせがニコンらしい緻密な絵作りと鮮やかな発色を実現してくれた。いたずらに画素数を増やさないことが、画素に余裕を与えているに違いない。ダブルレンズキットのレンズがよく写るので、当面、他の交換レンズがなくても困らないと思えた。さらにマウントアダプター経由で別のレンズを使うと、そのレンズの味を引き出してくれ、今度はあのレンズを使ってみようと思わせてくれた。

1日使ってみると、ビギナー向け設定のボディだが、サブ機ではなくメインで使えるAPS-Cサイズのミラーレスとして優秀なことが分かった。フルサイズに比較してレンズも含めて機材が軽いことは、撮影するモチベーションを高めてくれる。そしてレンズが優秀なので、ジャンルを問わずに使える。U20万円で始めるミラーレス入門機としてオススメなのはもちろんだが、重たい一眼レフを使っているシルバー世代にも使って欲しいカメラである。

ほぼ開放で撮影するとマイクロレンズでも背景に柔らかいボケが得られた
Micro NIKKOR 60mm f/2.8 S Nikon Z50 1/1600sec、F3、ISO100

ハチが飛んできたのですかさずシャッターを切った。AFも早く問題なかった
Micro NIKKOR 60mm f/2.8 S Nikon Z50 1/320sec、F4.5、ISO100

望遠ズームの115mmぐらいを使って撮影した。葉をすかす逆光が綺麗だ
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR Nikon Z50 1/640sec、F4.8、ISO100

望遠端の375mmまで寄ると葉の葉脈がクッキリと描写された
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR Nikon Z50 1/500sec、F6.3、ISO100

食堂のテーブルの上にカメラ置いて標準ズームで撮ったスナップ。24mm相当で歪みは少ない
NIKKOR Z DX 16-50mmf/3.5-6.3 VR Nikon Z50 1/100sec、F5、ISO200

望遠端の75mmまでズームアップして撮影。スポットライトのような陽射しが見えた
NIKKOR Z DX 16-50mmf/3.5-6.3 VR Nikon Z50 1/60sec、F6.3、ISO200

広角端の24mm相当で撮影。青空の抜けが良く、木々の梢の描写がシャープだ
NIKKOR Z DX 16-50mmf/3.5-6.3 VR Nikon Z50 1/640sec、F5、ISO200

こちらも24mm相当で左側から入ってくる斜めの光と建物の影のコントラストがいい
NIKKOR Z DX 16-50mmf/3.5-6.3 VR Nikon Z50 1/640sec、F9、ISO200

食堂で小平氏を撮影。オールドニッコールで絞りは開放。落ち着いた発色と柔らかい描写が魅力
NIKKOR 50mmf/1.4 Nikon Z50 1/640sec、F1.4、ISO200

写真・文/ゴン川野

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。