人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

渋谷パルコにスニーカーの洗濯専門店がオープン!ボロボロになった靴はどこまでキレイになるのか?

2019.12.21

 オシャレは足元からとは、よく聞く言葉である。ただ、毎日のように洋服を洗濯するのと同じく、スニーカーを日頃から洗っている人はなかなかいないかもしれない。欧米では洗濯機へスニーカーを放り込み洗うのが習慣化しているというが、ここ日本でそれこそあまり聞かない話だ。

 しかし今年、欧米の文化にヒントを得た、スニーカーの洗濯を手がけてくれる専門店が誕生した。リニューアルオープンでも注目された渋谷パルコの4階にある「Licue&Sneakers」だ。

渋谷パルコ4階にある「Licue & Sneakers」

 水洗いクリーニングブランド「Licue」と国内初となるスニーカーウォッシュ専門ブランド「&Sneakers」の複合店だが、果たしてどれほどスニーカーがキレイになるのかは気になるところでもある。そこで、筆者が日頃から愛用していたものの、まったく手を加えていないためにオンボロになってしまったスニーカーを持ち込み、実際に洗濯してもらってきた。

※記事中のプラン及び料金は2019年12月現在のものです。

スニーカーを預けるお客さんたちはそれぞれの思い入れを語る

 筆者が訪れたのはオープンから2週間ほど経過した日。平日の昼間にも関わらず、入り口から入ってすぐにある受け付けカウンターには、数名のお客さんがいた。スタッフの方からの説明を聞きながら、どうして自分のスニーカーが汚れてしまったのかを丁寧に説明するお客さんの姿からは、それぞれの日常にある悲喜こもごもも垣間見えた。

筆者が実際に持ち込んだ私物のスニーカー

 その後、筆者もスタッフの方へ自分のスニーカーを手渡した。写真からも伝わるだろうが、正直、読者の方にお見せするのも恥ずかしいほどに薄汚い。つま先からソールにかけて黒ずんでしまい新品の頃の面影はもはやなく、箱を開けた瞬間の状態すら思い出せないほどボロボロになっていた。

 お店のメニューはさまざまだが、今回お願いしてみたのは3,500円の「手洗い・下処理あり・消臭・紐外し・防水」コース。スタッフの方の許可を得て、その工程も見学させてもらうことができた。

スニーカーを洗うための大型の洗濯機

 バックヤードには、スニーカーをクリーニングするために使われる大型の洗濯機が3台置かれていた。今回は手洗いをお願いしたが、コースによってはこの洗濯機を使用。取材に応じてくれた運営元である株式会社アピッシュの末永圭さんによれば、機械の中にはキューブ状でシリコン製の特殊なスポンジが詰められており、その摩擦と洗剤の効果でスニーカーを洗っていくという。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。