小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トヨタ・カローラの最上級スポーティーグレード「カローラツーリング ハイブリッドW×B」は極めて質の高い乗り味だった

2019.12.20

自然な姿勢で乗り込める運転席に着座すれば、W×B専用の合成皮革+レザテックのスポーティーシートのかけ心地に感動である。実は、ボク、レザー系のシートは張りの強さから、しっくりと座れず、あまり好みではなかったのだが、このシートは身長172cm、体重65kgのリポーターでも、実にしっくりと座れるのだ。お尻の沈み具合、サイドサポートの良さなど、分厚いクッション感と合わせ、欧州の高級車をも思わせるシートと言っていい。

後席にしても、このクラスのコンパクトワゴンとしては納得できる広さ。惜しいのは、後席エアコン吹き出し口がないことだろうか。

インパネはほとんどの部分がソフトパッドで覆われ、デザイン、ステッチを含む質感ともに高級感たっぷり。ナビは7インチの、国内トヨタ車初採用のディスプレーオーディオが標準装備されるが、試乗車には9インチの大画面ディスプレーオーディオがOP装着されていた。ナビキットを注文すれば、T-コネクトサービスによるオペレーターサービスも利用できるから、先進のコネクティッドカーとして、実に心強い。ちなみにオペレーターサービスは、例えば走行中にDCM(専用通信機)で接続し、ナビの目的地設定などを遠隔操作、設定してもらえるなど、便利このうえなし。運転初心者やシニアなドライバーにもうってつけのサービスである。

ツーリング=ステーションワゴンとしての実力もなかなかだ。開口部地上高は約61cmと、世界のステーションワゴンの平均値約63cmより低く、開口部に段差なし、フロアは奥行き約93(中心部)~85cm(サイド)、幅約140(手前)~95cm(奥)。最小天井高約65cmと、コンパクトワゴンとしては申し分のない広さを確保。容量は後席使用時で392Lである。

さらに、6:4分割の後席を、ラゲッジ側のレバーでパタンと倒せば、フラットかつ、フロア奥行き約157cm、前席背後までなら約180cmものスペースが出現。その際の最大容量は802Lに達するという。さすがに低全高だけに、天井高こそ低めだが、デッキボードを下段位置にすれば、高さは77.5cmまでかせげるのだから、アウトドアの荷物の積載、愛犬の乗車も楽々可能ということだ。

トヨタ最新の量販車でもあるカローラだけに、先進運転支援機能もトヨタ最新だ。衝突被害軽減ブレーキは夜間の歩行者にも対応し、特に高速道路のクルージングをサポートするレーントレーシングアシスト、全車速域、渋滞追従対応のACC(アダプティブクルーズコントロール)、ブラインドスポットモニターまで用意している点には驚かされる。

また、オプションでAC100V/1500Wコンセント(44000円/税込み)も付けられ、給電車として、車内外で1500Wまでの家電品を使えるところも、災害大国でもある日本では大きな魅力となりうる。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。