人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トヨタ・カローラの最上級スポーティーグレード「カローラツーリング ハイブリッドW×B」は極めて質の高い乗り味だった

2019.12.20

みなさんはトヨタ・カローラにどんなイメージを持っているだろうか。そう、カローラは1966年の初代デビュー以来、日本のモータリゼーションを下支えしてきた国民車そのもの、大衆車である・・・といった感覚なら、今すぐ、考え方を改めたほうがよい。

今年デビューした新型カローラは、カローラ史上初の3ナンバー、全幅1745mmの3ナンバーサイズになっただけでなく、トヨタ最新のプラットフォーム、先進運転支援機能=トヨタセーフティセンス、さらにはあおり運転被害にあったときにも有効な、エアバッグ連動自動通報型のヘルプネット=SOSコールなどを採用した、まさに新時代の先進的なカローラになったのである。

何しろ、日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020の10ベストカーに、RAV4(日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020を受賞!)とともに選出されたほどなのである。

それだけではない。走行性能はまさに世界基準。セダンの1・8Lガソリン車の出来、走行性能に驚かされたばかりだが、このツーリングもまた、今や国産車では希少な存在となる、スタイリッシュすぎるコンパクトワゴンに進化。今回は、最上級スポーティーグレードのハイブリッドW×Bに試乗した。

ファーストインプレッションは、とにかく低くてカッコいいのひとことに尽きる。全幅が1745mmになったせいもあり、1460mmの全高が縦横比の関係で、より低く見え、クーペのように美しいシルエットを披露する。

特にW×Bグレードは215/45R17サイズの大径タイヤを履いているため、地を這(は)うようなスタイリングとなる。顔つきも精悍(せいかん)で、こう言ったらなんだけど、カローラのバッジが付いていなければ、トヨタのまったく新しいスタイリッシュ&スポーティーワゴンの登場と思えてしまえるほどである。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。