人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

66種類のキースイッチが試し打ちできる専門店「遊舎工房」で理想の自作キーボード探しに挑戦

2019.12.21

自作キーボードキットへの一歩を踏み出す

一通り説明が終わったところで、あとはキーボードキットを選ぶだけ。委託品の『Claw44』が気になるがキーの数は44とかなりスパルタン。基板はスルーホールタイプで、表面実装のダイオードにも対応するという親切設計だ。キートップもクールな3Dプリンタで作った3Dタイプにすると無刻印となり、これまた上級者向けだ。最終目標にとっておき、今回は別のモデルにする。委託品の『Lily58 Lite』もいい。キーの数は58で数字キーも確保。左右別基板を採用して、余計な機能を削り作りやすくなったという。OLEDモジュールも積んでいる。

最終的に、私が決めたのは『ErgoDash mini』である。キーの数は52〜56で最下段の親指が担当するキーが多い配列になっている。「遊舎工房」の工作スペースで作るので、委託品ではなく純正品の方がいいかなぐらいの軽いノリで決めた。

次に決めなくていけないのが、キースイッチである。これは好みで選べばいいとのこと。私が現在、使っているのは「CHERRY茶軸」と呼ばれるタクタイルモデル。店内にあるキースイッチテスターを使って様々なキースイッチを試してみると、いいのがあったのだが、1個140円もする高級品。これは諦めてルブ(潤滑剤塗布)前提で、『Gateron Silent赤軸』に決めた。リニア45gで1個70円である。あとは左右独立型向きのキートップセットとルブ用の潤滑剤を購入。ケーブル類はウチにあるものを使う予定だ。これであとは作るだけ。製作編の記事へつづく予定!

キーを押すと、説明とスペック、価格が表示されるキースイッチテスター

キースイッチは豊富な在庫があり、どれにするか目移りしてしまいそう

ルブに欠かせないスイッチオープナーを使ってキースイッチを分解する

トップハウジングを外すとステムとスプリングが見える

自作キーボードに関する同人誌も揃っている

文/ゴン川野

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。