人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneの着信音設定を変更する方法は?iTunes Storeからダウンロードして設定する方法

2019.12.13

 電車内で、街中で、ふとした時に流れるiPhoneの着信音。大抵が定番の「マリンバ」で、自分のiPhoneが鳴っていないとわかっていても、ビクッと驚いてしまいます。同じ曲が設定されている場合はiPhoneをつい確認してしまうこともあるでしょう。

 同じ着信音にビクビクしないために、iPhoneの着信音を変えてみませんか? iPhoneには様々な着信音が内蔵されているので、そこから別の着信音を選んで設定するだけで、同じ着信音に巡り会う回数はぐっと少なくなるはずです。着信音の設定の仕方を確認しておきましょう。

iPhoneの着信音の設定方法

 着信音の設定は「設定」アプリから行います。「サウンドと触覚」を選ぶと電話の「着信音」のほか、「メッセージ」「新着留守番電話」「新着メール」「カレンダー」「AirDrop」などの通知音を設定することができます。

「設定」アプリをタップして、メニューから「サウンドと触覚」を選択。

「着信音」をタップすると、電話の着信音を設定できる。メッセージ、新着メールなどの通知音も同様に設定できる。

画面中央部の「着信音」のリストから好みのものを選ぶと着信音に設定される。タップすると曲が流れて確認できる。なお、着信音をスクロールしていくと、その下には通知音のリストが並んでいる。

信音リストの最後にある「クラシック」をタップすると、古いiPhoneに内蔵されていた着信音が並んでいる。こちらから選んでの設定も可能。

着信音やメールの通知音は個別に設定可能

着信音やメールの通知音は、相手に応じてそれぞれ個別に設定することもできます。個別に着信音を設定する場合は「連絡先」アプリや着信履歴から着信音を設定したい人を選択。アドレスデータの編集画面で着信音やメッセージのサウンドを設定します。

「連絡先」アプリや着信履歴などから着信音を個別設定したい人を選び、画面右上の「編集」をタップする。

画面をスクロールし、「着信音」か「メッセージ」を選ぶ。

着信音のリストから好みのものを選び、画面右上の「完了」をタップ。アドレスデータの画面に戻り、編集を完了する。

iTunes Storeから着信音をダウンロードして設定するには?

 内蔵の着信音だけでは物足りない人もいるでしょう。その場合はiTunes Storeで着信音を購入&ダウンロードして設定してみてはいかがでしょうか。1つ150円適度から購入できます。

「iTunes Store」アプリをタップして画面下部から「着信音」タブを選択。様々な着信音がラインアップされている。

「ジャンル」をタップすると、タイプ別で探せる。「ダイアログ」には人気映画のセリフなどが着信ボイスとして用意されている。

iTunesやMac内の音楽を使ってiPhoneに着信音を設定する方法

 パソコン内にある楽曲をiPhoneの着信音に活用したい場合は、iPhoneとパソコン/Macを接続し、データを同期させてパソコン内の楽曲データをiPhoneに取り込んで利用します。WindowsパソコンとmacOS Mojave 以前のMacの場合はiTunesで、macOS Catalina以降のMacの場合はFinderで同期できます。

macOS CatalinaのMacの場合、iPhoneをケーブルで接続するとFinderがiPhoneを認識。iTunesのように操作できる。

iPhoneにmp3形式の着信音を設定するには

 iPhoneの着信音として設定できる音楽ファイルの形式はm4rです。mp3形式の音楽はパソコンを使ってm4rに変換する必要があります。iTunesを使って変換できるほか、無料の変換ソフトもあります。

無料の着信音をダウンロードして設定するには?

 iPhoneの着信音はフリー素材としてウェブサイトにアップされているものもあり、そういったものは無料でダウンロードして使うことができます。ただ、iPhone単体でダウンロードして設定することができない場合が多く、多くはパソコンを使ってダウンロードし、iPhoneに同期して楽曲を取り込む手間が必要です。

パソコンなしでiPhoneの着信音を設定する方法

 iPhoneの「GarageBand」アプリを使うと、パソコンなしで、iPhone内の音楽を使って着信音を作り、設定することができます。GarageBandアプリを起動して使いたい曲を取り込み、「共有」で「着信音」を選択すると、着信音に適した形で保存されます。あとは内蔵着信音と同様に設定できます。

iPhoneに着信音として設定できない曲もある

 GarageBandアプリを使ってiPhoneの着信音として設定できる楽曲は、iPhone内に保存されていて、著作権保護されていない曲です。iCloud上にあるもの、著作権保護されている曲は取り込めません。

GarageBandアプリを使って、iPhone内にある音楽ファイルを取り込む。

作ったファイルを長押しして「共有」をタップ。

「着信音」を選択すると着信音として書き出され、設定できるようになる。

「設定」アプリから内蔵着信音と同じように選択して設定できる。

App Storeには多彩なiPhone着信音アプリが並ぶが…

 もちろん、App Storeには着信音を作ったりダウンロードしたりできるアプリが多数あります。アプリのダウンロード自体は無料でできるものが多く、試聴も可能です。ただし、アプリ内課金やサブスクリプション課金が多く、着信音に設定するにはパソコンが必要なアプリもありますので、アプリの詳細説明やレビューは必ず確認した方がいいでしょう。

App Storeで「着信音」を検索すると多彩なアプリがリストアップされる。アプリの説明や課金方法をチェックしてダウンロードするようにしたい。

※データは2019年11月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

取材・文/房野麻子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。