人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あのメールはいったいどこに?Gmailで見つからないメールを上手に検索する方法

2019.12.06

基本無料で利用できる便利なGmailですが、長く使っていると、読みたいメールがフォルダの中に埋もれてしまい、すぐに見つけられないことがあるかもしれません。そこで今回は、Gmailの受信フォルダから目的のメールを見つけるためのヒントを紹介していきます。

Gmailでメールが見つからない……検索方法は?


まずは基本のおさらい。Gmailのどこからメールの検索できるのかを見ていきましょう。上図のとおり、Gmailを開くと画面の上部に「メールを検索」と書かれたボックスがあります。こちらに宛先やキーワードを入力すればメールを探せます。また、検索ボックスの右側にあるプルダウンを開けば、さらに詳細な検索が可能となります。

Gmailの検索方法にはどんなものがあるの?


例えば、「山田さん」とのメールのやり取りを確認したい時は、検索ボックスに「山田」と入力すれば、検索結果一覧に山田さんとのメールのやり取りが表示されます。また、「日報」メールを検索したい時は、検索ボックスに「日報」と入力すれば、検索結果一覧に「日報」と書かれたメールが表示されます。

Gmailの検索方法:日付指定検索


検索ボックスの右側にあるプルダウンをクリックすると、さらに詳細な検索ができます。この詳細検索を使い、「受け取った日にち」でメールを探してみましょう。まず日付を選択し、次に「検索する前後期間」を選びましょう。例えば、「2019年1月1日」の前後1日間にやり取りしたメールを検索したい場合は、日付を「2019/01/01」とし「検索する前後期間」を「1日」として「検索」をクリックします。

Gmailの日付検索:◯月◯日以降〜◯月◯日以前で探す


次に、期間を設定してメールを検索してみましょう! 今回はプルダウンの詳細検索ではなく、検索ボックスに「検索演算子」というものを入力して検索します。

after:2019/01/1 before:2019/01/31

上記演算子を検索ボックスに入力すると、2019年1月1日〜2019年1月31日のメールが表示されます。「after:」で指定日付以降のメールを検索し、「before:」で指定日付以前のメールを検索できます。この2つの検索演算子を利用することで期間内検索が可能となるわけです。


Gmailの検索方法:完全一致

検索キーワードと完全一致ワードが含まれるメールを表示したい時は、“ダブルクォーテーション”を利用しましょう。ダブルクォーテーションとは「“”」の記号のことです。こちらでキーワードを囲んで検索してください。
 
Gmailの検索方法:添付ファイル検索

添付ファイル付きメールのみを表示したい場合は、検索ボックスに「has:attachment」という検索演算子を入力するか、プルダウンを開いて「添付ファイルあり」にチェックボックスを入れて検索してください。


Gmailの添付ファイル検索:容量で探す

さらにメールのサイズを指定して検索したい場合は「サイズ」に「次の値より大きい(もしくは小さい)」を選択。さらに数値を入力し、MB(もしくはKB/バイト)を選んでください。

Gmailの検索方法:未読メール検索

未読メールのみを検索したい場合は、検索ボックスのプルダウンを開き、「検索」から「未読メール」を選択して検索してください。もしくは検索演算子「is:unread」を検索ボックスに入力してみましょう。

ほかにもある!? Gmailで使える検索演算子一覧!

ここまで様々な検索方法を紹介してきましたが、Gmailにはほかにも様々な検索演算子があります。そこでこの項目では、Gmailで利用できる主な検索演算子を紹介していきます。

◆既読メールを検索 「is:read」
◆言語で検索 「lang:en」(英語を検索)、「lang:ja」(日本語を検索)
◆ゴミ箱なども含めた全てメールを検索 「in:anywhere」
◆スター付きメール検索 「is:starred」
◆送信済みメールを検索 「is:sent」
◆検索結果に含まない 「-車」(検索結果に車というキーワードが表示されない)

Gmailでメールを一括で削除する方法

続いてはGmailのメールを一括選択し、削除する方法をみていきましょう。ボックス上部にあるチェックボックスにチェックを入れます。すると画面内に表示されているメールが一括選択されるので、ゴミ箱のマークをクリックします。これで選択中のメールを全て削除できます。なお、この方法で削除できるメールの数は50件までです。

Gmailで削除したメールを復元する方法

削除したメールは以下の方法で復元できます。

1:「ゴミ箱」から復元したいメールのチェックボックスにチェックを入れます。
2:画面上部の矢印アイコン(上図参照)をクリックします。
3:復元先(移動先)のメールトレイを選択します。

これでメールの復元は完了です! なおゴミ箱に入ったメールは30日後に完全に削除されるので、ご注意ください。

Gmailの検索履歴はどこから見るの?

Gmail内における検索履歴を確認したい時は、検索ボックスをダブルクリックしましょう。すると以前に検索したキーワードが表示されます。

Gmailの検索履歴を削除する方法


上記の方法で検索履歴を表示した後、項目の右端に表示されるバツ印をクリックすると、検索履歴は削除できます。

Gmailの検索履歴はスマホからでも確認できる?


スマホ版GmailアプリでもPCと同じく、検索ボックスをタップすれば履歴を確認できます。ただしPC版とは異なり、この画面から検索履歴の削除はできません。履歴を消去したい場合は、以下の手順に従ってください。

1:Gmailアプリを開きます。
2:画面左上の三本線をタップし「設定」を選択します。
3:自身のアカウントをタップします。
4:「検索履歴の消去」を選択します。


※データは2019年11月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。


文/高沢タケル

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。