人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ニューヨークでラーメンブームを巻き起こした「momofuku noodle Bar」の仕掛人、デイビッド・チャンの新たなる挑戦

2019.11.26

ラーメン店からスイーツショップまで幅広い店をオープン

デイビッドが手掛けたのは「モモフクヌードルバー」だけではない。

季節に応じて変わるコース料理を提供する、ミシュラン2つ星獲得経験もあるレストラン「Momofuku Ko」

Photo:https://www.nytimes.com/

モダンな韓国料理を楽しめるレストラン「kawi」

巻き寿司やポテトチップスなどのジャパニーズフードを販売するテイクアウトショップ「mart」

など、高級レストランからテイクアウトショップまでニューヨークに7ブランドもの飲食店を展開している。

また、ニューヨークのみならず、ロサンゼルスやワシントン、さらにはカナダやオーストラリアにも店を展開している。

世界で輝くアジア人のロールモデルとして

グローバル展開するブランドを築き上げ、料理界で数々の賞を受賞するなど、輝かしい経歴を持つデイビッドだが、ここに至るまでの道のりは簡単なものではなかった。

デイビッドの父は30年間レストランで働いており、飲食業界の辛さを知っているため、デイビッドがシェフになる事に反対していた。

料理とは異なる道を歩んでいたデイビッドだが、料理への道を諦めることができず、料理学校に入学しレストランで修行を重ね、父親から借金をして、26歳の時にモモフクヌードルバーをオープンした。

Photo:https://www.eater.com/

デイビッドは、その当時の行為を「飲食店事業は投資対象として、最もリスキーな事業であり、その業界に飛び込むことは一か八かのギャンブルだった」と述べている。

そんなリスキーな業界において、既存の中華料理の概念を壊すスタイリッシュなブランド「モモフクヌードルバー」を立ち上げ、グローバルブランドへと成長させたデイビッド。

そんなデイビッドの目標は「アジア人のロールモデルになること」。

「人種は無関係」と言いながらも、金融や医療の分野以外で、活躍するアジア人が登場してこないのが現状。

そんな現状を打破すべく、料理の世界で輝くアジア人に自分がなることで、世界で羽ばたくアジア人を1人でも増やしたい、とデイビッドは願っている。

文/小松佐保(Foody Style代表)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。