人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1GBで37時間録音できる!iPhoneのデフォルトアプリ「ボイスレコーダー」のもっと便利な使い方

2019.09.29

急に録音が必要な場面で、ボイスレコーダーを持っておらず録音できなかった……ということは少なくないだろう。そんな時におすすめなのが、スマホのボイスレコーダー機能だ。今回はiPhoneに搭載されている標準のボイスメモの機能や、ダウンロードして使えるボイスレコーダーアプリのおすすめを紹介しよう。

iPhoneにはボイスレコーダーのアプリ「ボイスメモ」が標準搭載されている

iPhoneには「ボイスメモ」と呼ばれるボイスレコーダーアプリが標準搭載されている。単純に会話を録音したいだけであれば、これで十分な場面が多い。操作方法も簡単なため、すぐに使いこなせるはずだ。

iPhoneのボイスレコーダー「ボイスメモ」の保存方法は簡単!

ボイスメモの使い方はシンプルで、「録音ボタン」をタップすると録音が開始され、「停止ボタン」のタップで録音が停止すると同時に、録音ファイルが保存される。保存までの基本的な操作はこれだけで、直感的に操作できるデザインとなっている。

iPhoneのボイスレコーダー「ボイスメモ」で利用できる時間はメモリ容量次第

ボイスレコーダーとして録音することができる時間は「無制限」だ。ただし手持ちのiPhoneのメモリ容量に左右される。目安としては1GBの容量なら37時間、10GBの容量なら370時間程度だ。

トリミングや上書き録音まで! iPhoneのボイスレコーダー「ボイスメモ」を使って編集しよう

ボイスメモは、あくまでも会話をはじめとした「音」を録音するためのアプリだ。したがって、編集に関してはそこまで多機能ではない。しかしトリミングはできるので、余計な録音部分を削除してコンパクトにまとめられる。このほかにも「再録音」機能も備わっている。再録音はすでに撮ったボイスの上から、上書き録音できるシステムだ。録音中に噛んでしまった時などは、その録音部分だけ上書きできる。

iPhone専用ボイスレコーダーアプリとマイクの利用でクリアな音源の録音も

iPhoneに標準搭載されている内蔵型マイクでも録音はできる。音質にこだわらなければ十分に活躍してくれる。しかしもっとクリアな音質で録音したい場合もあるだろう。そんな時は外部マイクを取り付けて、マイクに対応している専用のボイスレコーダーアプリを使うことをおすすめしたい。

iPhoneのボイスレコーダーは電話の通話内容は録音できない

ボイスメモは、自分のしゃべっている内容は録音が可能だが、相手のしゃべっている内容は録音ができない。つまり通話内容の録音はできない。

iPhoneのボイスレコーダー機能でバレないように録音ってできるの?

先述したように、iPhoneのボイスレコーダー機能であるボイスメモでは、通話は録音できない。実際に会った時の会話を録音するとしても、録音開始音が鳴る。そもそも録音をする時は、必ず録音対象の相手方から同意を得た上で行わければ、盗聴など法律に触れることになる。自分以外の声を録音する場合は、必ず許可を得ておこなおう。

通話を録音したい! iPhoneの録音機能で通話を記録する方法ってあるの?

先ほど触れたように、「通話している内容を記録したい」時もあるはずだ。その記録する方法を紹介する。

iPhoneで通話を録音できるレコーダーを入手して対応する

通話を録音したい場合は、通話録音ができるアプリを入手しよう。アプリは有料/期間限定の無料などどちらも存在する。発信した場合のみ録音できて、受信した通話は録音できないなど、アプリによって機能は様々だ。まずは無料のもので使い勝手を確認してみよう。また、アプリは海外製のものも多く、日本語対応が完全なものは少ない。無料で使用できる期間を過ぎると、強制で有料になるものもあるので、注意書きを読んだうえでインストールしてほしい。

【参考】もうICレコーダーは要らないかも!?使える高機能ボイスレコーダーアプリ6選

iPhoneで通話を録音したい場合……ドコモの無料サービスを利用する?

アプリではなく、通話サービスを管理しているドコモなどキャリアメーカーが提供している録音サービスを利用する手もある。「通話録音サービス(ネットワークサービス)」というものだ。

サービスは有料で、ドコモの場合はビジネスプランとして通話録音サービスを契約すると録音が可能になる。2019年9月時点では、1回線1500円と設定されている。

【参考】NTTドコモ

手軽にいろんなことができる! おすすめボイスレコーダーアプリ

iPhoneのボイスメモでボイスレコーダーの利便性を感じたなら、ほかのボイスレコーダーアプリを試してみるのもおすすめだ。ここからは様々な機能が備わっているボイスレコーダーアプリを紹介しよう。

録音時間が長く高音質で録音! 再生スピードも自在なボイスレコーダーアプリ

ボイスレコーダーアプリの録音時間は、無料版の場合は制限があり、有料版で無制限になるものもあるが、ほとんどの場合は無制限だ。そして再生スピードを自由に変えられるものもある。

ボイスレコーダー - 高音質ボイスメモ&録音

【参考】App Store

こちらのアプリは長時間録音でも高音質。5秒巻き戻し・10秒早送りなど再生スピードも変更できる。聞きたい場所を繰り返し何度も確認できるので、会議や授業の録音再生に向いている。

バックグラウンドで録音OK! Androidのおすすめボイスレコーダーアプリ

Androidにもボイスレコーダーアプリは多く存在しているので、そのなかでもおすすめの1つを紹介しよう。

簡単ボイスレコーダー

アプリをいちいち開かなくても、ウィジットやショートカットで録音を開始できる。ほかの操作をしていてもバックグラウンドで録音し続けられるのが特徴だ。録音したファイルはメールや共有アプリで簡単に送信できる。なお、Androidの機種によっては、ボイスレコーダーが標準搭載されているケースもあるので、実際に使ってみて自分に合うものを選んでいこう。

【参考】Google Playストア

テキスト変換できるボイスレコーダーアプリはどこまで使えるか?

iPhoneは簡単に録音ができるボイスレコーダーとしても活躍してくれるモバイル端末だ。操作も簡単で使いやすく、いつも持ち歩いているので、すぐ取り出して使える。便利な機能なので、上手に活用してほしい。

※データは2019年9月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。