人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パニくる前に覚えておきたいiPhoneを紛失した時の探し方、情報漏洩防止策、買い換え補償

2019.09.26

電車で落としたり、喫茶店で席に置いたまま帰ってしまったりと、必ずといっていいほど毎日持ち歩くスマホは何かと紛失しやすいもの。スマホが使えないと不便なだけでなく、個人情報の流出も心配になりますよね。しかし失くしたスマホがiPhoneなら、PCやほかのデバイスから、場所を探せるかもしれません! そこで今回はiPhoneを紛失した時の探し方をご紹介します。

【参照】もしもiPhoneを紛失したら?発見方法、情報漏えい防止、覚えておきたい対処法

iPhoneを失くした際に利用したい「iPhoneを探す」機能とは?

iPhoneを紛失した際には、iCloudからiPhoneを探すことができます。ただし、iPhoneで事前に「iPhoneを探す」という機能をOFFにしていた場合、利用できません。しかしデフォルトの設定で「iPhoneを探す」はONになっている可能性が高いため、特に設定を変えた記憶がない場合は、一度試してみましょう。以下は「iPhoneを探す」をONにする方法です。

◆「iPhoneを探す」をONにする方法
「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「システムサービス」>「iPhoneを探す」

また、より正確に探すためには、電源や位置情報サービス、モバイルデータ通信などをONにした状態が望ましいです。

◆位置情報サービスをONにする方法
「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」

iPhoneを紛失した際に利用したい「iPhoneを探す」の使い方!

まず、紛失したiPhoneと同じAppleアカウントで、PCなど操作可能なほかのデバイスから、iCloudにログインしてください。ログインすると、様々なアイコンが表示されます。その中の緑のアイコン「iPhoneを…」をクリックし「iPhoneを探す」を起動しましょう。

「iPhoneを探す」が起動すると、画面上部に「すべてのデバイス」とあるので、こちらから失くしたiPhoneを選択してください。画面には失くしたiPhoneの現在地が表示されます。

「iPhoneを探す」から「紛失モード」を起動しよう

「iPhoneを探す」の紛失モードを利用すれば、よりiPhoneは探しやすくなります。「iPhoneを探す」を起動して紛失したデバイスを選択すると、画面右上に紛失したiPhoneの情報、と3つの項目が表示されます。この内、「紛失モード」を選択してください。「紛失モード」を起動すると、「番号」という欄があります。こちらに現在連絡できる電話番号を入力してください。

電話番号を入力したら「次へ」を選択。失くしたiPhoneの画面に表示されるメッセージを入力します。メッセージを入力したら「完了」をクリックしてください。

すると上記で設定した、連絡先の電話番号とメッセージが紛失したiPhoneの画面に表示されます。これで、紛失したiPhoneを拾ってもらった際に、電話をかけてもらえる可能性が高くなります。

iPhoneが見つかった! 紛失モードを解除(停止)する方法

iPhoneが無事見つかったら、紛失モードを解除しましょう。失くしたiPhoneの現在位置を表示していたデバイスから、紛失モードを選択します。すると下図のような画面が表示されます。

一番下に「紛失モードを停止」とあるので、こちらをクリック。紛失モードは終了します。

iPhoneを失くしたら……見つかりやすいように紛失モードでアラームを鳴らそう

失くしたiPhoneから音を出して、見つけやすくしましょう。操作できるデバイスから「iPhoneを探す」を起動すると、「サウンド再生」という項目があります。「サウンド再生」を選択すると、失くしたiPhoneから電子音が流れます。電子音はサウンドスイッチをOFFにしていても流れます。なおiPhoneを操作すれば、音は消えます。

紛失モードからiPhoneは初期化できる?

もし、「iPhoneを探す」でiPhoneの場所が見つかったとしても、場所が遠すぎて取りに行くことが困難であったり、手元に帰ってこない可能性が高い場合は、データを初期化して個人情報の流出を防ぎましょう。「iPhoneを探す」画面で表示されている「iPhoneを消去」を選択すれば、iPhone内の設定やアカウント情報などのデータは削除(初期化)されます。

失くしたiPhoneの電源が切れてしまった! 紛失モードで電源のON/OFFはできる?

紛失モードでは電源のON/OFFを遠隔で操作することはできません。もし、紛失中に電池が切れてしまったり、電源が切られてしまった場合は、電源が切れる寸前の位置情報を見ることができます。

◆電源が切れると表示されるiPhoneの画面が黒くなる。

オフライン状態のまま紛失してしまったiPhoneを探す方法はある?

機内モードがON、もしくはモバイルデータ通信やWi-FiがOFFになっており、紛失したiPhoneが通信環境下にない場合、紛失モードを利用できません。

紛失したiPhoneが見つからない時は……買い替え補償などがあるか確認しよう

iPhoneを紛失した場合、キャリアまたはAppleなどによる補償はあるのでしょうか。

iPhone紛失時の補償はある?【ドコモ編】

ドコモの場合、「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に事前加入していれば、紛失時もiPhoneを補償してもらえる可能性が高いです(2019年5月31日までに申し込んだ場合)。
サービスの月額料金や利用料は機種によって異なりますので、下記リンクを参照してください。

【参照】ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

iPhone紛失時の補償はある?【au編】

auなら「故障紛失サポート with AppleCare Services」へ事前に加入していれば、iPhoneを紛失しても、一律1万1800円(+SIMカード再発行料2000円)で、新品が受け取れます。なお、月額料金は機種によって異なります。

【参照】故障紛失サポート with AppleCare Services

iPhone紛失時の補償はある?【ソフトバンク編】

ソフトバンクの場合、「あんしん保証パック with AppleCare Services」へ事前加入してれば、iPhoneの紛失・盗難時でも、一律1万1800円で新品が届けられます。サービスの月額料金は機種によって異なりますので、加入される際はご確認ください。

【参照】あんしん保証パック with AppleCare Services

iPhone紛失時の補償はある?【Apple編】

AppleでもiPhoneの紛失・盗難時に対する補償サービスを展開しています。保証サービスを受けられるのは、事前に「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」へ加入している人のみです。

【参照】iPhone の盗難・紛失の補償請求

※データは2019年9月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を補償するものではありません。
※サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/高沢タケル

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。