人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

丸型蛍光灯をLEDに交換するのに工事は必要?

2019.09.23

LED電球が普及した今、照明器具をLEDに交換したいと考えている人も多いのでは? だが、LEDへの交換は工事が必須という印象があって、手が出しにくいと感じていないだろうか。実は、種類によっては工事不要で比較的手軽にLEDに交換できるものもある。今回は「丸形(「丸型」と表記することも)」に特化して、工事不要で交換できるLEDや、交換時の注意点などを紹介しよう。

丸型蛍光灯をLEDに交換するのは難しい?

蛍光灯を点灯させるための取付器具と、LED照明を点灯させるための取付器具は別物だ。そのため、以前は蛍光灯からLED照明に交換したい時には、取付器具の交換工事が必要だった。しかし今では、専用のコネクターを使えば工事をせずにLED照明が使えるようになっている。また、コネクターはランプに付属している場合が多い。

【参考】交換したけどつかないのはなぜ?蛍光灯をLEDに交換する時の注意点

丸型蛍光灯をLEDに交換する時は、形と始動方式が照明器具に対応しているか確認

まず、照明器具の「形」と「始動方式」をチェックしてほしい。「形」とはパッケージに「30形」などと書かれているもので、これは蛍光灯の大きさを示している。また丸型蛍光灯の場合、灯りをつける始動方式が「スタータ式」と「インバーター式」の2つがある。この形と始動方式に対応した丸型LEDを買えば、問題なく取り付けられるはずだ。

インバーター式の丸型蛍光灯でもLEDに交換できる

前述したように、始動方式がインバーター式に対応をした丸型LEDを購入すれば、交換は可能だ。

20形の丸型LED蛍光灯の外径は?

先で説明をした通り、蛍光灯の「形」は大きさを意味する。「20形」は、外径が205mmになる。

30形・32形の丸型LED蛍光灯の外径は?

30形は外径225mm、32形の外径は299mmだ。

40形の丸型LED蛍光灯の外径は?

40形は、丸型でも一番大きいものになる。外径は373mm。

丸型スリムの蛍光灯でもLEDに交換できる

蛍光灯の品番の頭文字に「FHC」と表記されていれば、丸型スリムの蛍光灯となる。LEDに交換する時には、FHCに対応しているLED照明を購入する必要があるため気をつけてほしい。対応している場合は、パッケージの目立つところに記載されていることが多い。

蛍光灯から交換する時に色も変えてみよう! 丸型LEDも電球色や昼光色を選べる

丸型LEDも、色を選べる。電球色や昼光色、昼白色など様々な種類があるので、自分の好みに応じて選ぼう。好みだけでなく、部屋に合わせて電球色を選ぶのもおすすめ。例えば「電球色」は、少しオレンジ色が入った優しく温かみのある色合いのため、リラックスしたい部屋などによく用いられる。

蛍光灯から丸型LEDに交換する前にご一読! LEDの寿命や点灯しなくなった時の対処法

そもそも、照明器具をLEDに交換するメリットは何なのだろうか? ここからはLEDの寿命やトラブルの対応方法などを説明しよう。

丸型LEDの寿命は4万時間! 蛍光灯に比べてとても長い

LED蛍光灯の寿命は、約4万時間と言われている。年間約3000時間を使ったとしても、交換時期まで10年以上ももつ計算になる。蛍光灯の寿命は約9000時間と言われているので、かなり寿命が長い。

【参考】丸形LEDランプ商品説明(アイリスオーヤマ)

蛍光灯からLEDに交換してもつかない!? トラブル対処法を紹介

蛍光灯からLEDに交換しても、一度も点灯しない場合は、コネクターの配線が間違っている可能性がある。改めて説明書をよく読み、作業し直してみてほしい。交換から何年か経過したあと、徐々につかなくなってしまった場合は、LEDの寿命である可能性が高い。明らかに寿命が短いと感じる場合は、メーカーのサポートセンターに問い合わせてみよう。もちろん、原因が照明器具やLEDにない場合もある。お近くの電気屋さんなど、電気工事士の資格を持つ人に点検してもらうことも検討しよう。

免許なしで丸型蛍光灯をLED化する改造工事をおこなうのはアリ?

安定器も含めて、改造工事をおこなう場合は電気工事士の資格が必要だ。もし持っていないのであれば、絶対にやってはいけない。業者に依頼するか、工事不要のLEDへの交換を検討しよう。

丸型LEDを発売しているメーカーを紹介!

ここからは、丸型LEDを販売している人気メーカー「アイリスオーヤマ」と「エコデバイス」の製品を紹介しよう。

アイリスオーヤマ



アイリスオーヤマ「丸形LEDランプ」は安価で購入できる。コネクターを使うことで、シーリングライトにもペンダントライトにも簡単に取り付けられる商品もある。勉強部屋に向いている白い昼光色、リビングに向いている自然な色の昼白色、寝室に向いている温かみのある電球色など、種類も豊富だ。

【参考】アイリスオーヤマ製品詳細ページ

エコデバイス

LED蛍光灯を製造しているメーカーで、エコデバイスも人気。30形、32形、40形だけでなく20形も扱っている。こちらも工事不要で取り付けられる。

【参考】エコデバイス製品詳細ページ

蛍光灯にも良い面があるため、どちらが良いかは一概にはいえないが、LEDに交換すれば省エネになり、電気代も節約できるなどメリットも多い。工事不要のものを選べば自力で簡単に交換できるので、蛍光灯を買い替えるタイミングの人は、ぜひ検討してみてほしい。

※データは2019年9月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。