人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

災害に遭った時の選択肢のひとつ、プライバシーも保てる「車内避難」と「災害に強いクルマ」について考えてみた

2019.09.19

日本列島を度重なる災害が襲っている。千葉県を襲った台風が示すように、復旧までに相当な時間がかかることもある。そんな時、身を守り、プライバシーある避難を可能にしてくれるひとつの方法が、車内避難である。家の屋根が飛ばされたとしても、停電しても、クルマの中なら雨風をしのげ、エアコンが効いた空間にいられ、USBやシガーソケットからスマホを充電できる。ガソリン車なら、車載用の蓄電器を用意しておくのもいい。

ホンダ・フリード+の車中泊仕様

最近増えてきた車内のUSB電源

ホンダのコンパクトな蓄電器

ただし、ガソリン車ならガソリンが入っていることが大切だ。燃費向上、車重の軽量化のために、いつもガソリンは半分ぐらいしか入れない・・・それが災害時にデメリットとなりうることは、東日本大震災で被災した際、愛車にほぼガソリンが入ってなくて困った自身の経験からも、明らかだ。そう、できるだけガソリン車は満タン、電動車ならフル充電状態を保つのが、地震・災害大国日本で生き残る方法のひとつと言っていい。

わが家御用達の千葉・九十九里や鴨川の宿泊施設も、早期に電気、水道が復旧し、9月12日あたりから営業を再開したが、周囲のコンビニ、ガソリンスタンドは、休業、または長蛇の列だったそうで、普段から満タン、満充電にしておく大切さをあらためて教えてくれたのである。

そこで、緊急企画として、本当に災害に強いクルマ、マイ避難所として活用しやすいクルマを考えてみたい。まず、車内で避難生活を送る、という前提であれば、新潟地震でも報告された、車内避難でのエコノミークラス症候群(血栓症)を防ぐためにも、車中泊ができるような、フラットで寝られるスペースをアレンジできるクルマがいい(車外での運動、ストレッチも欠かせない)。

その筆頭が、サイズを問わず、ミニバンだ。2/3列目席を格納すれば、大人2人が真っすぐに横になれるベッドスペースが出現する。もちろん、SUVやステーションワゴンでも、車種によって同様のアレンジができるクルマもある。車中泊しやすい車種かどうかは、純正アクセサリーに車中泊アイテムが豊富にそろっているか否かで判別可能だ。

エスティマの2列目キャプテンシート

フリード+ HV車中泊仕様の例

フリード+ HVのベッドアレンジ

ベッドは上段。下段に荷物を収納

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。