小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗ってわかったホンダの新型「N WGNカスタムターボ」の実力

2019.09.08

先代のウイークポイントだった乗り心地も劇的に改善され、終始フラットで心地良い乗り心地を示してくれる。後席の段差などによる強い突き上げ感ももはやないに等しい。

それでいて、カーブでの姿勢変化、ロールは最小限。ストローク感たっぷりの乗り味を示すN BOXのカスタムターボと比較すれば、圧倒的な安定感と言える。合わせて、クルージング中の静かさ、特にロードノイズの遮断は見事というしかないほどだ。新型N WGNカスタムターボよりカーブでグラグラし、クルージング中に騒々しく感じるコンパクトカーをボクは何台も知っている・・・。

新型N WGN全グレードに備わるCVTのダウンシフト制御も優秀だった。これは約40km/h以上で作動するもので、ブレーキングによってギアが落ちるような減速制御を行ってくれるのだ。坂道、山道、コーナー脱出後の再加速、高速旋回で特に威力を発揮し、ブレーキを2回踏めば、2段ギアが落ちるような賢い減速も制御可能だから、安心感、走りやすさに直結する。もちろん、カスタムターボならパドルシフトを操ることもできる。

高速直進安定性も見事だ。ステアリングのセンター付近の締まり感もあって、制限速度上限でもビシッと直進。基本的な乗り心地、体重でサポートする、シートの上級車さながらのかけ心地の良さ、ACCの性能の高さもあって、長距離、長時間のドライブもストレスフリーのはずである(強風時の高速横風安定性については、ハイトな車高だけにそれなりにあおられる)。

そんな、まさに下克上的な走行性能を発揮する新型N BOXカスタムターボだが、実燃費も文句なく、高速70%、市街地30%、エアコン使用、ECON ONで17.6km/Lを記録。同行程のNAの20.6km/Lとはいかないものの、ハイブリッドカーに迫る数値なのである。

高速道路などまず走らない・・・というなら、標準車、カスタムともにトルキーでスムーズなNAエンジンで不足はないが、高速走行、長距離ドライブをする機会が多いというなら、あるいは一家に一台のファーストカーとして使うのであれば、新型N WGNのカスタムターボは、下手なコンパクトカーをしのぐ、走りやすく、使いやすく、快適で、先進安全支援機能も充実した賢者の選択肢になりうると思えた。

ちなみに、カスタムLターボ ホンダセンシングの価格は、標準車の一番人気のLホンダセンシング(NA)の32万4000円高、Lターボホンダセンシングの16万2000円高、N-BOXカスタムG・L ターボの23万2200円安となる・・・(2019年9月現在)。

ホンダN WGN
https://www.honda.co.jp/N-WGN/

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。