人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ZOZO SUIT」より簡単で精度が高い!?SHOPLISTが導入したAI身体採寸テクノロジー「bodygram」がスゴい

2019.08.26

SHOPLIST×bodygramで何が起こる?

−−SHOPLIST側としては「サイズ違いによる返品率の減少」などにも期待できそうですが、bodygramを導入した"決め手"はどこにあったのでしょうか?

ジン:「ソフトウェアだけで使える点」「使いやすさ」「精度の高さ」を評価していただいていると思います。返品率の低下もそうですが、我々はユーザーコンバージョンがさらに上がっていくのではないかと見込んでいます。

やはりeコマースですとユーザーは「サイズは大丈夫かな?」と、購入を躊躇してしまうことも少なくありません。bodygramで自分の正確なサイズを把握できれば「納得感」が増し、結果として購入率の増加や単価の向上にも繋がると考えています。

−−サイトの説明を拝見すると2名で写真撮影を行っていますが、一人で利用することはできますか?背景の指定など、撮影を行う際のコツはあるのでしょうか?

ジン:SHOPLISTのアプリにはセルフタイマー機能が搭載されており、一人で撮影することも可能です。

背景に必要な条件はありません。これがAIを活用するメリットでもあるのですが、日本の住宅事情を考えると壁際に棚があるなど、十分なスペースが取れないケースも少なくありません。AIを活用しているからこそ、どのような条件下でも正確に測定ができるんです。

bodygramの展望

−−ライフスタイル領域・ヘルスケア領域への展開もお考えとのことですが、今後の展望についてお聞かせください。

ジン:「エアウィーブ」でもbodygramを導入することが決まっています。bodygramの技術で体型や姿勢を測定し、その人に合ったカスタマイズマットレスを提供する予定です。

また、現在ではヘルスケア、フィットネス、ライフスタイル領域の企業さんから、多数の問い合わせをいただいています。

使い方は「導入企業の想像力」に任せている方針もあり、中には私たちとしても「想定外なアプローチ」もあります。最終的には、我々の技術を個人ディベロッパーでも気軽に活用できる世界を目指しています。

−−それだけ応用ができるとなると、他の分野でもbodygramの技術に触れる機会が増えていきそうですね。本日はありがとうございました。

日本においてもAIの存在は広く知られてきたものの、普段の生活の中でそのありがたみや利便性を直接的に感じるシーンはまだまだ少ない。誰でも簡単に利用できるbodygramは、AIと人間との身近な接点の一つにもなるだろう。

SHOPLISTでの利用は、現在「一部のユーザー」に限られている。段階的に全ユーザーが利用可能になる予定だという。いち早くbodygramの採寸技術を体験したい方は、SHOPLISTアプリをダウンロードしてその時を待とう。

取材・文/久我裕紀

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。