人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ZOZO SUIT」より簡単で精度が高い!?SHOPLISTが導入したAI身体採寸テクノロジー「bodygram」がスゴい

2019.08.26

おしゃれな人ほど、服の「サイズ感を大切にする」とも言われる。どんなに高級でデザインに優れた服でも、そのサイズが合っていなければ、周囲はその人を「おしゃれ」とは思わないだろう。

しかし、「自分の正確なサイズ」を知るのはことのほか難しい。自分でわかるのは、せいぜい「Sサイズ、Mサイズ」くらいだ。2017年11月、ファッションサイトZOZOTOWNで導入された採寸技術「ZOZOスーツ」は、そうした課題を解決する一つの選択肢になった。

2019年7月、同じくファッションサイトSHOPLISTが、「bodygram(ボディグラム)」という採寸技術の導入を決定。現在は一部ユーザーのみ利用可能だが、同技術はZOZOスーツにはない革新的な点がいくつもある。

今回、そのbodygramの開発者でありBodygram Japan株式会社CEO Jin Koh(ジン・コー)氏にお話を伺う機会を得た。bodygramは、一体どのような点が革新的なのだろうか。その特徴や今後の展望を伺った。

AIを使った採寸技術bodygramの特徴

bodygramの最大のポイントは、大掛かりな装置や道具を必要としない点だ。スマホで自分の写真を撮影するだけで、誰でも簡単に高精度な採寸ができる。

SHOPLISTアプリでは、4つの情報入力(身長・体重・年齢・性別)とたった2枚の写真を撮影するだけで身体採寸ができ、その測定データに基づき「おすすめサイズ」を提案してくれる。さらに、「バーチャル試着体験」も可能だ。

bodygramは、日々その精度が向上していくのも特徴的だ。AI技術を取り入れ、利用者のデータを蓄積・学習することで、凄まじいスピードで採寸精度が向上し続けるという。

−−bodygramは、今までの採寸技術と何が違うのでしょうか?

ジン:過去にも数多くの採寸技術がありましたが、やはりAIを活用するというのが新しいアプローチです。

蓄積されたデータを基に、身長や体重などを入力し「推測値」を抽出する技術は過去にもありました。また、ビデオやたくさんの写真を取ることでサイズを抽出する「3Dモデル」を活用した採寸技術も存在します。

しかし、それらは"精度"に課題がありました。さまざまなボディタイプの人がいるため、必ずしもその推測値はすべての人には当てはまりません。また、3Dモデルで言えば、裸で測定するわけではないため、1枚のレイヤー(服)が一緒にモデル化されてしまいます。

bodygramは、AIのディープラーニングを活用しており、日々その精度が上がっていきます。ユーザーは従来よりも簡単に、そしてさらに正確な「自分だけのサイズ」を把握できるのが最大の強みです。

−−ユーザーがbodygramを利用するとデータが蓄積される。そのデータを活用し、さらに進化していくということですね。

ジン:はい。ユーザーがその精度の高さを一緒に作り上げていくイメージです。

ここは大切なところなのでしっかりとお話ししますが、蓄積されるデータには名前などの個人情報は含まれていません。そこにあるのは、精度を上げるために使われる写真データだけです。データは、個別に独立した「BodyBank(ボディバンク)」と呼ばれる場所に保存され、複数の企業間で共有されることもありません。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。