人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

300馬力超えの〝スーパーMINI〟「ジョンクーパーワークス クラブマン」の恐るべき実力

2019.08.17

 MINIは2000年代に入り、BMWグループの傘下に入り、設計から生産まで行なっている。販売も好調で、日本でも2018年度のブランド別販売台数でメルセデス・ベンツ、BMW、VWに次いで4位に入っており健闘している。

 そのMINIにとんでもないスポーツモデルが登場した。「ジョンクーパーワークス・クラブマンだ。この「ジョンクーパーワークス」(以下、JCW)は、MINIのチューニングブランド。「クーパー」を造り上げたファクトリーだ。2代目のBMW「ミニ」からJCWは「クーパー」「クーパーS」よりスポーティーなモデルを「ミニ(3ドア)」「コンバーチブル」「クロスオーバー」「クラブマン」に提供してきた。しかし、そのチューニングレベルは「クーパー」よりちょっとスポーティー、というレベルだった。

 ところが、今回、MINIはJCWを一気にスーパースポーツへと変身させたのだ。外観は2013年に登場した3代目と変わらない。今回のマイナーチェンジでテールランプのレンズ模様がユニオンジャックになったことぐらいだ。

 しかし、中身は違う。まずエンジンだが、4気筒2Lターボは大幅な見直しにより231PSから一気に70PSアップした。オーバー300PSの306PSにチューン。トルクも100Nmアップの450Nmとなった。「クラブマン」は全長が4250mmなので、トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」クラスだ。全幅は1800mmなのでトヨタ「カローラスポーツ」より10mm広い程度のコンパクトサイズ。そこに306PS、450Nmのエンジンを押し込んだ。

 もちろん、機能面でも大幅なチューニングが行なわれている。元々、4WDを採用しているが、フロントにはメカニカルなトルセンLSDを組み込み、コーナリング性能がアップした。センターデフはエレクトロにカルLSDが組み合わされている。車高も10mm下がった。ブレーキは18インチの大径が装着された。ミッションは8速AT、7速DCTが用意されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。