人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AirDropがうまく送受信できない時に確認すべき設定方法

2019.08.18

iPhone同士だけでなく、MacやiPadが相手でも写真やビデオ、書類をやりとりできるAirDrop。便利な機能だが、うまく使いこなせず放置している人もいるのでは? 実はAirDropは、ポイントを理解すればそれほど難しい機能ではない。今回はAirDropでうまくいかない時の解決方法を紹介する。

AirDropの使用に失敗する時は設定を確認してみよう

AirDropがうまくできない時は、設定が原因である場合が多い。AirDropの設定では、受信する相手を「すべての人」「連絡先のみ」「受信しない」の3段階で制限できる。

これが「受信しない」設定になっていると、相手がAirDropを使用する際に、送信先としてあなたが表示されなくなる。「連絡先のみ」に設定している場合は、相手が自分を「連絡先」アプリに登録していないと見えない状態のままだ。送信先としてあなたが見えるようにするには、自分のAirDropの受信設定を「すべての人」にするか、相手の「連絡先」アプリに自分を登録してもらおう。

【参考】なぜ送れない?AirDropが使えない時の簡単な対処法

AirDropができない時の対処法:iPhone 8以前の場合

それでは具体的な設定方法を見ていこう。まず、ホーム画面で下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示する(画像左)。コントロールセンターが表示されたら左上の緑枠で囲まれた部分を強く押し込む(画像右)。

次に「AirDrop」をタップすると設定を変更できる(画像左)。そして「連絡先のみ」か「すべての人」を選択すればAirDropが受信できるようになる(画像右)。

AirDropができない時の対処法:iPhone X以降の場合

iPhone X以降の場合は、ホーム画面の右上から下にスワイプしてコントロールセンターを表示する(画像左)。コントロールセンターが表示されたら、左上の緑枠で囲まれた部分を強く押し込む(画像右)。

次に「AirDrop」をタップすると、設定を変更できる(画像左)。そして「連絡先のみ」か「すべての人」を選択すれば、AirDropができるようになる(画像右)。

AirDropが受信できない時の対処法:iPadの場合

iPadの場合、まずホーム画面の右上から下にスワイプする(画像左)。コントロールセンターが表示されたら、緑枠の部分を長押しする(画像右)。

アイコンをタップすると、設定を変更できる。(画像左)。「連絡先のみ」か「すべての人」を選択しよう(画像右)。

iPad ProでAirDropが受信できない場合は?

iPad Proでも、方法は上記とまったく同じだ。コントロールセンターを表示して、AirDropの設定を確認しよう。

iPad miniでAirDropが受信できない場合は?

iPad miniも同じ方法でAirDropの設定を確認できる。

設定が見つからない! MacでAirDropはどうやって設定するの?

Macの場合もiPhoneの時と同様に、受信設定のレベルを見直そう。MacでAirDropの設定をする場合は、「AirDrop」ウインドウで行う。しっかり覚えておこう。

AirDropができない時の対処法:Macの場合

「Finder」のメニューバーから「移動」→「AirDrop」を選択するか「Finder」ウインドウのサイドバーで「AirDrop」をクリックする。すると「AirDrop」ウインドウが表示される。ここで「このMacを検出可能な相手」をクリックすると、設定の切り替えが可能だ。「連絡先のみ」か「全員」を選択しよう。

2012年以前のMacだとAirDropに表示されない?

2012年以前のMacを使っている場合、相手のMacの「AirDrop」ウインドウで「お探しの相手が表示されませんか?」をクリックしてから「古い機種のMacを検索」をクリックする必要がある。古いMacだと少し手間がかかるので注意したい。

さらに古いMacだとAirDropを受信できない

Mac同士でAirDropするには、送信側/受信側がそれぞれ以下の機種でなければならない。

■Late 2008以降のMacBook Pro(MacBook Pro(17-inch, Late 2008)は除く)
■Late 2010以降のMacBook Air
■Late 2008以降のMacBook(MacBookホワイト(Late 2008)は除く)
■Early 2009以降のiMac
■Mac mini(2010 年中期以降に発売されたモデル)
■Early 2009(AirMac Extremeカード付属モデル)およびMid 2010のMac Pro
■iMac Pro(全モデル)

これらよりも古いMacだとハードウェア的に対応していないので、残念ながらAirDrop自体ができない。

MacからiPhoneへAirDropする時の注意点

Mac→iPhoneあるいは、iPhone→Macの場合も、問題なくAirDropが利用できるが、少しだけ注意が必要だ。iOS機器を相手にAirDropを行う場合、MacはOS X Yosemite以降を搭載した2012年以降発売の機種でなければならない(Mid 2012のMac Proを除く)。Mac同士ならAirDrop可能でも、Mac→iPhoneなどのようなiOS機器が相手の場合は古いMacだと対応できないということになる。

【参考】iPhone、iPad、MacBook、AirDropが相手が表示されない時の原因と対処法

MacでAirDropを使った時の保存先

AirDropで受信したコンテンツは、常に「ダウンロード」フォルダに保存される。この設定は変更できない。AirDropで受信したら「ダウンロード」フォルダを確認してみよう。

「システム環境設定」にAirDropの項目はない

Macでは各種設定を「システム環境設定」アプリで行う仕組みになっている。しかしAirDropに関してはこの中に設定する場所がない。ほかの設定項目と場所が違うので迷ってしまう人もいるかもしれない。上で解説したように、設定は「AirDrop」ウインドウで行う。間違えないようにしよう。

AirDropができない時は設定と通信設定を確認!

AirDropができない原因のほとんどは、受信する相手が制限されていることにある。うまくいかない時は、まずはこれを確認したい。そのほかにも、BluetoothとWi-Fiがともにオンになっている必要がある。iPhoneなどのiOS機器なら、コントロールパネルを表示した時に状態を確認できるので、併せて確認するといいだろう。

※データは2019年8月初旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。