人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タコパーの人気具材ランキング、3位海鮮、2位ウィンナー・ベーコン、1位は?

2019.08.05

コスパの良さ、万人に受け入れられる定番感、具材・調味料次第で多彩な味が楽しめるなど……様々な理由から愛される「お好み焼パーティー=オコパー」&「たこ焼パーティー=タコパー」。あなたも一度は友人や家族で興じて、ワイワイ盛り上がった経験があるのではないだろうか。

そんな「オコパー」&「タコパー」について、このほど、週に1回以上家で料理をつくっている20~50代の女性500名を対象にアンケート調査が行われた。すると、実施率、人気の具材などが地域ごとで明らかになったので、早速、紹介していきたい。

「オコパー」「タコパー」認知度&実施率は?オコパーヘビーユーザーは近畿エリア!

はじめに、「オコパー」「タコパー」それぞれについて認知度・実施率を尋ねる調査が行われた。全体のうち、「知っている」「やったことがある」のうちいずれかを回答した人は、「オコパー」では 61%、「タコパー」では 84%という結果に。[グラフ1]

最も多かったエリアは、いずれも近畿エリアで「オコパー」が64%、「タコパー」が95%。特に「タコパー」は、全体よりも10ポイント以上上回り、コナモンの本場ならではの結果となっている。

続いて、「オコパー」「タコパー」の実施経験があると回答した人を対象に、その頻度を尋ねる調査が行われた。まず「オコパー」では、全体で「半年に1回程度」(22%)が最も多く、「1 年に 1 回程度」(19%)、「2~3 か月に1回程度」(18%)の順となった。[グラフ2]

その中で、「1か月に1回以上」と回答した“オコパーヘビーユーザー”が最も多かったのは、近畿エリアで 18%。北海道・東北エリア、中部エリアが 10%で続き、同率2位となっている。

「タコパー」の頻度では 、全体で 「半年に1回程度」(22%)、「1年に1回程度」(19%)、「2~3か月に1回程度」「数年に1回程度」(同率 16%)の順。[グラフ3]

こちらも「1か月に1回以上」の“タコパーヘビーユーザー”が多いエリアが調べられたところ、「中部エリア」が12%で1位に。たこ焼の本場・近畿エリアは、それに続く10%で2位という結果になっている。

一方、関東エリアでは“タコパーヘビーユーザー”はわずか2%で、5エリア中5位となった。「オコパー」「タコパー」それぞれ、エリア別での実施頻度の違いがうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。