人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カップケーキのATMにサラダの自販機!?シカゴで「セルフサービスレストラン」が増えている理由

2019.08.08

「建築の街」で知られるシカゴだが、実は無人レストランやAmazon GoなどITを用いた取り組みをしている飲食店が多い街でもある。

シカゴで見つけたセルフサービスレストランをいくつか紹介しよう。

1.無人レストラン「Wow Bow」

セルフサービスのアジアン・フードチェーン店。

サンフランシスコにある世界初の完全無人レストラン「Eatsa」が自社の技術を販売しているため、内装やオペレーションがEatsaと全く同じになっている。

オーダーの仕方は極めて簡単。

最初にモニターでオーダーをする。支払いはクレジットカードのみで、レシートは入力したメールアドレスに送られてくる。

支払いが完了すると、商品が出てくるロッカー番号が表示されるので、該当ロッカーの前で料理が出来上がるのを待つ。

注文してから数分ほどで料理が完成し、ロッカーの中に紙袋に入った商品が現れる。

ロッカーの扉を手で2回ノックすると扉が開く仕組みとなっている。

中からは、ホカホカの肉まんが出てきた。

ちなみにこの店「無人レストラン」という名で親しまれているが、ロッカーの裏側に厨房があり、オーダーが入ると厨房でスタッフが調理をして、ロッカーに商品を入れている。

厨房にスタッフはいるものの、このシステムを導入してから、顧客の待ち時間が大幅に削減され、店内のオペレーションがスムーズになった、とWow Bowは発表している。

2.カップケーキATM

シカゴをはじめ、ニューヨークやロサンゼルスなどアメリカ全土に15の店舗をもつ人気カップケーキ・ベーカリー「Sprinkles」が作った世界初の「カップケーキATM」。

スクリーンにタッチして好きなフレーバーを選び、クレジットカードで支払いをすませると、受取口から箱に入ったカップケーキが出てくる仕組みになっている。

24時間365日カップケーキを購入することができ、カップケーキラバーには有難いATMである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。