人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンにおすすめ!「野球のアンダーシャツ」は酷暑を乗り切るのに便利なアイテムだった

2019.07.21

ミズノの新アンダーシャツ「KUGEKI」とは?

今回使ったミズノのアンダーシャツ「KUGEKI」は、2019年に発売された新商品だ。

「近年、問題視されている酷暑。長い練習・試合でも学生が少しでも快適にプレーできないか……と考えたのが、開発のきっかけになりました」※

と中島さんは語った。また、

「熱中症になってしまう原因の一つは、人の体温を保っている、熱産生と熱放散のバランスが崩れることによるものです」

と続けた。

特に野球など炎天下の中、屋外で行うスポーツはこのバランスを取るのが難しい。
十分な水分を取っていても汗で濡れた衣服が汗の蒸発を妨げ、体内に熱を残してしまうためだ。

しかし通気性に優れたインナーウェアなら、“蒸発の妨げ”を少しでも解消できるかもしれない。こうして開発されたのがKUGEKIだ。

※6月~9月の間に熱中症によって救急搬送された人の数は2017年が4万9583人、2016年が4万7624人であるのに対し、昨年2018年に熱中症で搬送された人の数は9万2710人にも昇っている。

【参照】総務省 平成 30 年度 消防庁における熱中症対策

【参照】熱中症が危険視される夏の甲子園「ドーム球場で開催すべき」が7割

【参照】高校野球の熱中症問題、現役医師らはどう考えている?

KUGEKIの通気性を示す通気抵抗

上記からもわかる通り、KUGEKIの通気性はかなり優れているといえる。
ミズノ発表のデータによると、KUGEKIの湿潤時における通気抵抗は、比較品と比べてかなり改善している。

汗の膜を作らない独自の生地「DRY AEROFLOW」とは?

KUGEKIの通気性が優れている理由は、ミズノが独自に開発した「DRY AEROFLOW」という生地によるものだ。
撥水性と吸水性を組み合わせた繊維を、特殊な編み方をすることによって汗を下方へ流す仕組みを作り、結果として生地に汗の膜ができにくくなっている。
筆者が記事内において何度も言及している「衣類のはりつき」が起きにくいのは、DRY AEROFLOWのおかげなのだ。

KUGEKIの情報

タイプは数種類あり、筆者が着ていたレッドのKUGEKIは袖の部分もDRY AEROFLOWでできているタイプ(画像左)だ。他には胴体部分だけDRY AEROFLOWでできている学生野球対応モデル(画像右)や半袖のタイプがある。
カラーはホワイト/ブラック/レッド/ネイビー/パステルネイビー/エンジの6色だ。
※ホワイト、エンジ、レッドは全身DRY AEROFLOWの長袖タイプのみ。
<価格>
長袖タイプ:4644円(税込)
半袖タイプ:4320円(税込)

【参照】ミズノ KUGEKI-空隙-

まとめ

日本の暑い夏。
インナーウェアを見直せば、きたる7月25日の「最高気温記念日」も快適に過ごせるかもしれない。

取材・文/髙見沢洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。