人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家のローン審査の流れから返済額の決め方まで!覚えておきたい住宅ローンの基本のき

2019.07.15

住宅を購入する際に、多くの人が利用するのが住宅ローンだ。高額になるため、慎重に考えている人が多いだろう。そこで今回の記事では、ローンの審査や借りるお金の平均額など、住宅ローンの基本的な知識を紹介しよう。

家のローン審査はどんな流れで進むの?

住宅ローンの審査には事前審査と本審査があり、事前審査に通ると本審査へ正式な申し込みとなる。本審査に通れば住宅ローンの契約となり、住宅の引き渡し時に借り入れができる。

家のローン審査の主な基準は?

事前審査では、年収や勤続年数の他に、年齢や健康状態、担保評価などがチェックされる。

本審査では、事前審査の申告内容などに間違いがないか、過去の信用情報など、さらに細かな調査が行われる。

【参考】住宅ローンの事前審査までに準備しておきたいこと

家のローンの審査期間はどれくらいかかる?

住宅ローンの審査期間は、事前審査は3~7日間、本審査は1~3週間ほどかかるといわれている。契約者が自営業の場合や、自動車ローンなど住宅ローン以外の債務があると、それ以上に審査が長引くこともある。

みんなはいくら借りた?住宅ローン平均借入額

住宅金融支援機構が行った2017年度のフラット35利用者調査によると、全国の住宅ローンの平均借入額は2950万円だ。ちなみに、頭金の平均は447万円となっている。

【参考】エリア別でみる都内の住宅ローン平均借入額ランキング

住宅ローンの返済額は年収を目安に上限を決めよう

住宅ローンは一般的に、年収の25%程度を年間の返済額とするのが上限の目安といわれている。ただし、年収の25%というのは、あくまで上限。確実にローンを返済していくためには、もう少し少額で考えた方がよいだろう。

住宅ローン返済額の目安は「手取り」で考えよう

より安心して返済していくためには、手取り年収の25%を目安にするべきだ。

年収400万円の場合、手取り額は月20万円程度となる。25%を返済額とすると、月々約5万円になる。

住宅ローンは年収200万円でも組める? 条件を選べば希望はある

年収200万円で住宅ローンを組むのは、厳しいと言わざるを得ない。だが、利用基準をよく確認して金融機関を選べば、全く組めないわけではない。

年収200万円でも住宅ローン審査に通る方法

金融機関によっては、年収200万円でも住宅ローンが組める所もある。ただし、相場と比べてかなりの高金利を提示されることもあり、注意が必要だ。また、夫婦の年収を合算させれば、借入限度額が大きくなる可能性もある。

住宅ローンを年収400万円で組むといくら借りられる?

年収400万円の場合、総借入額の目安は2700~3000万円程度だ。手取りではないが年収の25%を返済に充てるとすると、月額8万3000円程度の金額となる。

【参考】年収400万円未満でも別荘を保有する「デュアラー」の実態

年収400万円で住宅ローン3500万円の借り入れは可能か

年収400万円で3500万円の住宅ローンを組むのは、返済期間を長くすれば不可能ではない。しかし、月々の返済額が10万円以上になる可能性もあり、かなり厳しいといえるだろう。

年収400万円の住宅ローン、頭金なしで借りられる金額は?

年収400万円で頭金なしでも、返済期間によっては3000万円くらいを借入限度額に設けているところが多い。金融機関によって金利や条件などが違うため、よく確認してみてほしい。ただし、借入限度額いっぱい借りると返済金額もきつくなる。生活費がいくらかかるか試算したうえで、現実的な金額を借りたほうがいい。

住宅ローンを年収500万円で組むと借入額は3000万円以上も可能

年収の25%を返済金額として考えると、年収500万円なら年間125万円、月額約10万4000円が借入上限の目安となる。借入額の目安は3000万~3800万円程度だ。

家のローンは変動金利と固定金利どっちがいい?

住宅ローンの金利タイプには、大きく分けて「変動金利」と「固定金利」の2種類がある。収入に余裕があり、どんどん返済できるなら変動金利、子供の教育費などローンを返しながら貯金もする必要がある家庭なら固定金利がよいだろう。

【参考】消費増税前に組むべき?住宅ローンの金利を徹底比較

住宅ローンの月々の返済額は?みんなが払っている平均額

国土交通省の「平成29年度住宅市場動向調査の結果」によると、注文住宅を住宅ローンで買った人の月々の返済額は平均で約10万9千円だ。

【参考】報道発表資料「平成29年度 調査結果の概要」(国土交通省)

家のローンが払えないとどうなる? 家を売らなくてはならないかも…

住宅ローンの支払いが3か月ほど滞ってしまうと、金融機関から借入残高の一括返済を求められることが多い。半年以上滞納すると、強制的に家を競売にかけられてしまう可能性もある。

家のローンを組むために連帯保証人は必要?

一部の金融機関を除いて、一般的に住宅ローンの連帯保証人は不要だ。ただし、連帯保証人を求められるケースもあり、その場合、保証会社の利用をすすめられることもある。

家のローンが払えなくなったらどうする? 子供が代わりに払うための条件

親が住宅ローンの返済をできなくなった場合、その家に住むことと、十分な収入があることを条件に、子が代わりにローンの返済を行える。

ローン途中の売却や名義変更はできる? 住宅ローンの疑問にQ&A形式で答えます!

ここからは、売却や名義変更などについてQ&A形式で答えていく。

Q1.ローン返済途中の家を売ることはできる?

A.引き渡し時にローンを完済できれば、住宅ローンが残っている家でも売却できる。

Q2.離婚したら家のローン名義は夫から変更できる?

A.金融機関との交渉次第ではあるが、離婚してローンの名義を変更するのは、かなり難しいといえる。

【参考】離婚した女性が注意すべき住宅ローンや物件探しの落とし穴

Q3.離婚後に家のローンを養育費代わりに払ってもらえる?

離婚して夫が家を出ていき、養育費の代わりに妻と子が住む家のローンを夫が支払い続けるというケースはよくある。しかし、夫からの支払いが滞った場合には、妻と子が家を出ていかなければならない。

【参考】離婚後の住宅ローンの返済、夫が払うのが当たりまえ?

住宅ローンの返済は何十年と続く。長い期間の中で、予想外の事態が起こることもあるだろう。今回ご紹介した内容は、あくまで基本的な情報だ。住宅ローンを利用する際には、慎重に考えて、各金融機関や不動産会社、専門家などに相談のうえ進めてほしい。

※データは2019年7月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※住宅ローンのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。