人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone、iPad、MacBook、AirDropが相手が表示されない時の原因と対処法

2019.07.11

写真、ビデオ、書類などが、近距離であれば簡単操作で手軽に共有できるAirDropは、iPhoneの便利な機能のひとつ。Macとの送受信もできるので、Appleユーザーなら、手放せない人も多いだろう。

そんな便利なAirDropを使おうとして、相手が表示されなかったことはないだろうか。今回はそんなAirDropができない原因と、その対処法を紹介しよう。

【参考】一度使ったら病みつきになる!?超簡単なコンテンツ共有アプリ「AirDrop」とは?

AirDropで相手が表示されない場合の原因と対処法

まずは、AirDropを使う場合の条件を確認しておこう。

・OSがiPhone、iPad、iPod touchならiOS7以降、MacならOS X Yosemite以降
・相手が近くにいる(おおむね9m以内)
・送信側と受信側が両方ともWi-FiとBluetoothを有効にしている
・送信側と受信側が両方ともインターネット共有をオフにしている(iOSデバイスの場合)
・「外部からの接続をすべてブロック」がオフになっている(Macの場合)
・受信側の受信設定が「すべての人」か「連絡先のみ」になっている
・受信側の受信設定が「連絡先のみ」の場合、「連絡先」アプリに送信側のメールアドレスまたは携帯電話番号が登録されている

AirDropで相手が表示されないときは、この条件を満たしていないことがほとんどだ。

片方だけ設定してもAirDropの相手は表示されない

AirDropの設定は、送信側と受信側が両方ともに設定していなければならない。どちらか片方のみ設定するだけでは、相手は表示されない。うまくいかない場合は、両方の条件を確認してみよう。

表示されないのはそもそもAirDropの受信設定が問題

相手が表示されない場合、やはり受信設定が原因の場合が多い。「受信しない」になっているときに、相手が表示されないのはもちろんだが、「連絡先のみ」となっているときも注意が必要だ。

「連絡先のみ」の場合はAirDropの相手が表示されないことがある

突然わいせつな画像などを送りつけてくる「AirDrop痴漢」などの対策には、AirDropの受信設定を「連絡先のみ」にしておくのが有効だ。しかし、この設定になっている場合、「連絡先」アプリに送信側のメールアドレスまたは、携帯電話番号が登録されていなければ、AirDropの相手として表示されない。

コントロールセンターにAirDropが表示されない?

iOS11でコントロールセンターが一新され、パッと見ではAirDropの設定が表示されなくなってしまった。しかし、コントロールセンターからもAirDropの設定にアクセスはできる。覚えておけば、簡単に設定画面に入れる。

iPhoneでAirDropの相手が表示されないときの対処法はある?

iPhoneでAirDropの相手が表示されない=AirDropができないときの対処法はある。具体的な方法を紹介していこう。

AirDropで検出可能な相手がiPhoneに表示されない

AirDropの相手が表示されないときは、受信設定をチェックしよう。iPhone X以降とiPhone 8以前とで、コントロールセンターを表示する操作方法が異なるが、全機種を通じてほぼ同じ操作方法と考えて差し支えないだろう。

iPhone X以降でAirDropできない場合

まずホーム画面右上から、下にスワイプする(画像左)。コントロールセンターが表示されたら、画面左上の緑枠で囲まれた部分を強く押し込む(画像右)。

次に、左下の「AirDrop」が「すべての人」もしくは「連絡先」になっているか確認しよう(画像左)。「AirDrop」の項目をタップすると、設定を変更できる(画像右)。ちなみに、「連絡先のみ」になっている場合は、「連絡先」アプリに送信側のメールアドレスか携帯電話番号が登録されていることも確認しよう。

iPhone 8でAirDropできない場合

iPhone 8でも、コントロールセンターからAirDropの設定を確認すればよい。iPhone 8の場合、画面下から上にスワイプすると、コントロールセンターを表示できる。この部分のみ操作方法が異なるが、あとはiPhone X以降とまったく同じだ。

iPhone 8 PlusでAirDropできない場合

iPhone 8 Plusの対処方法は、iPhone 8の場合とまったく同じだ。モデルの違いで対処方法は変わらない。

iPhone 7でAirDropの相手が表示されない場合

古いiPhoneでも、最新のiOS12を使っているなら対処方法は同じだ。iPhone 8と同様に対処しよう。

iPhone 6sでAirDropの相手が表示されない場合

iPhone 6sはさらに古い機種となるが、こちらもiOS12をインストールできるので、対処方法は同じ。iPhone 8と同様に対処しよう。

AirDropの相手が表示されない場合の対処法【MacBook編】

MacBookシリーズに限らず、AirDropに関する操作方法はMac共通。したがって、対処方法は機種によらず同じとなる。受信設定は、Finderウインドウのサイドバーにある「AirDrop」をクリックし、ウインドウ下部の「このMacを検出可能な相手…」で確認できる。これをクリックすると、設定内容を変更することも可能だ。

MacBook AirでAirDropの相手が表示されない場合

MacBook Airでも対処方法は同じ。上記と同じ手順で確認しよう。

MacBook ProでAirDropの相手が表示されない場合

MacBook Proの対処方法も同様だ。機種を問わず、対処方法は同じとなる。

【参考】iPhone、iPadだけじゃない!AirDropをMacBookで使う方法

Mac同士でAirDropの相手が表示されない場合の注意点

AirDropの相手が表示されないとき、古いMacを使っている場合は、注意したいことがある。

・Late 2008以降のMacBook Pro。ただしMacBook Pro(17-inch, Late 2008)は除く。
・Late 2010以降のMacBook Air
・Late 2008以降のMacBook。ただしMacBookホワイト(Late 2008)は除く。
・Early 2009以降のiMac
・Mac mini(2010年中期以降に発売されたモデル)
・Early 2009(AirMac Extremeカード付属モデル)およびMid 2010のMac Pro
・iMac Pro(全モデル)

Mac同士でAirDropする場合は、Macが以上の条件のどれかに当てはまっていなければいけない。

MacとiPhoneでAirDropの相手が表示されない場合の注意点

iPhoneとMacでAirDropする場合、OS X Yosemite以降を搭載した2012年以降発売のMac(Mid 2012のMac Proを除く)かどうかを確認しよう。AirDrop可能なMacのシステム条件は複雑なので、注意が必要だ。

AirDropの相手が表示されない場合の対処法【iPad編】

iPadシリーズも、機種によらず対処方法は同じだ。しかも、iPhoneと同じiOSを搭載しているので、同じくコントロールセンターから確認すればいい。

まず、画面右上から下にフリックする(画像左)。コントロールパネルが現れるので、緑枠で囲まれた部分を長押しする(画像右)。

AirDropのアイコンで、設定が確認できる(画像左)。設定を変更する場合は、アイコンをタップしよう。「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」から選択できる(画像右)。

iPad miniでもAirDropの相手が表示されないときの対処方法は同じ

iPad miniでも対処方法は同じ。iPadと同じ手順で確認しよう。

AirDropするときに相手が表示されない場合は、Wi-FiやBluetoothが有効になっているか、受信設定を状態の確認が重要になる。特に、「連絡先のみ」となっている場合は注意したい。記事で紹介したポイントを押さえて、いつでもAirDropが便利に使えるようにしよう。

※データは2019年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。