人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.06

銀塩中判カメラが復活!ハッセルブラッドのデジタルバッグ「CVF II 50C」は買いか?

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

ハッセルブラッドと言えば、カメラマン必須の中判カメラだった。35mmは日本製のニコンかキヤノンを使っていても6×6はスウェーデンのハッセルを使うのが常識だった。映画や雑誌などでハッセルの500CMが大々的に露出されたので、クライアントに一流カメラマンはハッセルという先入観が植え付けられ、カメラマンもそれに応えてハッセルを導入という構図があったかもしれない。それにしてもハッセルのVシリーズはフィルムバッグを交換式にすることで、素早いフィルム交換、撮影の途中でも種類の違うフィルムに交換できるという画期的な機能を搭載したシステムカメラだった。

そのVシリーズに対応したデジタルバッグが『CFV II 50C』なのだ。これを銀塩の500Cに取り付ければ中判のデジタルカメラに生まれ変わり、液晶モニターが使えるようになるのだ。さらに中判ミラーレスの新製品『X1D II 50C』も発表された。

発売時期、価格未定だが大人気のデジタルバッグ

実はこの発表会のメインの製品は『X1D II 50C』だったのだが、人気のあったのはデジタルバッグの方だった。デジタルバッグ『CFV II 50C』を使えば、往年の銀塩カメラが中判ミラーレスに生まれ変わるのだ。今までデジタルバッグは存在したが高価過ぎて手が出なかった。

『CFV II 50C』にボディパーツ『907X』を装着することで、最新XCDレンズ付きの小型軽量の中判カメラが完成するシステムが、さらにメカ好きを刺激する。シャッターボタンはボディ右下にあり、レンズシャッターを駆動させる仕組みだ。最終的にはオプションで光学ファインダーやグリップが登場してシステムカメラが完成するようだ。

銀塩中判カメラのVシリーズにデジタルバッグを付けることで中判デジタルカメラに変身する

デジタルバッグ+ボディパーツ+XCDレンズで中判デジタルカメラになる

最新レンズを使うためのボディパーツ『907X』には電子接点が付けられている

『X1D II 50C』は中判センサーと液晶モニターを搭載、側面にSDカードスロットがある

GUIなどは最新中判ミラーレスの『X1D II 50C』と同じ仕様になっている

レンズ込みでも非常にコンパクトな中判ミラーレスが完成する

発表会、会場では実際に着脱可能な『CVF II 50C』が展示され注目を浴びた

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。