人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.06

印度カリー子さんが教えてくれた超簡単スパイスカレーの作り方

数年前から、ちょっとしたブームが続いている「スパイスカレー」。

「専門料理店で食べるもの」、「自分で作るのは難しいもの」という先入観があるが、最低限の調理器具と材料だけで、手軽に美味しいスパイスカレーが作れると言うのは、「印度カリー子のスパイスショップ」代表の印度カリー子さんだ。

極端な話、スパイスは3種類あればOKだそうで、作り方やコツなどが新刊『私でもスパイスカレー作れました!』(サンクチュアリ出版)にて解説されている。

コミックエッセイでスパイスカレーが学べる『私でもスパイスカレー作れました!』

はたして、印度カリー子さんのお手軽スパイスカレーとは、どんなものなのか? 本書から、入門中の入門となるレシピ「基本のチキンカレー」を紹介したい。

調理器具は基本4つあればOK

特別な調理器具はいっさい不要。フライパン(とそのフタ)、木べら、包丁&まな板、計量スプーンのみで大丈夫だという。計量スプーンがない場合、ペットボトルのキャップで代用できる(キャップ2杯=大さじ1、キャップ2/3杯=小さじ1)。

調理器具は4つあればOK(本書より)

食材は具材1種と「土台・ベース」だけ

カレーというと具だくさんなイメージがあるが、ここで必要な具材は1つ、鶏のもも肉だけだ(1人分=100g)。

味の「土台」になるのが、玉ねぎ、トマト、しょうが、にんにく。ただし、これらはあくまでも「土台」であって、具材ではない点に注意(これについては後述)。

そして、「あっさりかこってりか」を決める「ベース」。生クリームやヨーグルトを使えば、仕上がりはこってりになる。

調味料は2種、スパイスは3種だけ

調味料は、塩とサラダ油を各大さじ1のみ。そして要となるスパイスも、クミン、コリアンダー、ターメリックの3種だけでよいそう。

スパイスは3種だけあればよし(本書より)

これらのスパイスでは辛くならないので、「カレーとは辛くなくては」という方は、チリペッパーを適宜加える。

最初のステップは「土台」づくり

フライパンにサラダ油をひき、いずれもみじん切りにした、玉ねぎ1個、にんにく1かけ、しょうが1かけを強火で炒める。玉ねぎがあめ色を通り越してこげ茶色になるまで、約10分かけてじっくりと。

強火で玉ねぎがこげ茶色になるまで炒める(本書より)

その後、ざく切りしたトマト1個を投入。強火のまま、木べらでつぶしながら2分間。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。