人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.06.28

日本、韓国、ドイツ、労働時間が最も長いのは?睡眠時間が最も短いのは?

今年4月に一部施行された「働き方改革関連法」。その目的の一つが「長時間労働の是正と多様で柔軟な働き方の実現」であるが、実際に日本人の「長時間労働」は是正され、自由な時間を謳歌できるようになったのだろうか?

そこで今回、日本のビジネスパーソンと海外のビジネスパーソンを対象にした働き方やプライベートの過ごし方に関する比較調査の結果を紹介していく。

なお比較対象国は、週52時間労働を上限とするなどの改革が行われている「韓国」と、以前から労働時間法などの法規制があり、労働時間の抑制がなされてきた「ドイツ」の2カ国となっている。

日本のビジネスパーソンの労働時間は9.2時間、睡眠時間は6.4時間

日韓独のビジネスパーソンは仕事のある典型的な平日を、どのような時間配分で過ごしているのだろうか。

特徴的だったのは「仕事」と「睡眠」にかける時間。「仕事」にかける時間は、日本が9.2時間と3カ国のうちで最も長く、韓国は8.8時間、ドイツは8.2時間。一方、「睡眠」の時間は、ドイツが最も長く7.1時間、韓国は6.9時間、日本は6.4時間。日本は労働時間が最も長く睡眠時間が最も短い、ドイツは労働時間が最も短く睡眠時間は最も長い、ということがわかった。

働き方について、かつてから法規制があったドイツや、改革が進む韓国に比べ、現状の日本はまだ労働時間が長く、睡眠時間も短い状況にあるようだ。

プライベートな時間が増えたらしたいこと、日本は「休息・睡眠」が7割で最多。韓国・ドイツよりも多数

日韓独のビジネスパーソンは今後、もし労働時間が減ってプライベートの時間が創出されたら、その時間に何をしたいと考えているのだろうか。

日本は、「休息・睡眠」を挙げる人が最多で69%だった。他の2カ国よりも多く、“まずは休みたい”という声が多いようだ。

一方で、様々な活動ニーズも。3~4割の人が挙げたものとして、「家族と過ごす」「友人・恋人と過ごす」、「運動・スポーツ」、「家での娯楽」「外での娯楽」、「勉強・スキルアップ」など。

また、労働時間が減るにも関わらず、「副業」と回答した人が36%いて、韓国も32%と似た傾向。ドイツは20%で日本と韓国に比べて低くなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。