人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

期待の新竿、ダイワ「メタリア中深場 73HH-200」で鬼カサゴに挑戦!

2019.07.07

 さあ、竿比べ。30年来の釣友にして飲友の伊藤さんと、6月23日の日曜日、真鶴の富丸に出かけた。リタイア後は、原則混む土日釣行を避けている。だが真鶴での鬼狙いはあまりポピュラーではないので混まないと読んだ。何よりかにより、釣り帰りの夕食&宿泊先として、伊藤さんが真鶴の名寿司店にしてオーベルジュ「伊藤家のつぼ」(本稿では言及しないので、興味ある方はネットで検索を)を予約した日が、この日曜日だったのだ。

真鶴港。

 当日は梅雨空ながら少々雨がぱらつく程度で、暑くもなく蒸しもせず、そして波もなく、まあまあの釣り日和だった。真鶴の鬼釣りには、いつも行く外房エリアとは大きく違う点が3つある。まずはポイントまで航路15分ほどと、1時間前後かかる外房よりお手軽だ。2つ目は水深100m以下と浅いので、錘は100号と軽い。水深150m前後で錘150号、潮が速いと200号を使う外房よりずっと楽な釣りとなる。3つめは負の面だが、憧れの2kg超は期待極薄、外房よりふた回りサイズが小さいイメージだ。

左から錘100号(375g)、150号(562.5g)、200号(750g)。

 5時半に出船、餌は船宿が用意したサバの切り身を使う。鬼のサイズに合わせてか、大きさは外房の半分くらい。ポイントに向かう途中、久しぶりに赤潮を見たが、あまり心地よいものではなかった。約15分でポイント到着、まずは「ディープゾーン」で釣り始める。

 1投目からアタリだ。しばらく待って合わせるが、かからない。鬼のアタリと確信したが、サイズが小さくて針がかりしなかったのだろうか。その後も度々あたるが、細かくついばむようなアタリで鬼ではない気がする。合わせてもかからない。

餌のサバの切り身。

赤潮がそこここに。

「ディープゾーン」発進。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。