人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内での使い勝手が抜群!JCBカード加入時の審査期間、審査基準、おすすめのブランドは?

2019.06.21

クレジットカードの国際ブランドでありながら日本生まれのJCB。世界レベルの規模ではVISA、MasterCardに次ぐ、加盟店数3000万店以上を誇る。

そんな国内でも使い勝手がいい「JCBカード」だが、審査についてはどうだろうか? この記事では、主にJCBカードの審査期間、審査基準、おすすめのブランドなどについて解説する。

JCBカードの審査ってどうなの?

審査基準は各社によって様々で、カード取得条件も微妙に異なっている。つまり、ある人がA社で通り、B社で通らなかったのに、別の人はその逆となる可能性もあるわけだ。つまり、JCBだからといって、審査が「甘い」とか「厳しい」という判断はできない。

JCBカードの審査期間はどれくらい?

本人確認の方法によって、審査期間は若干異なる。インターネットで支払い口座を指定する方法や、カード配達時に運転免許証で本人確認する方法だと、最短で3営業日での発行となる。

上記の「3営業日」はあくまで発行の話で、公式サイトによると、手元に届くまでに約1週間かかるとのこと。申し込み内容やカードの種別によっては、これ以上の期間を必要とすることもある。

【参考】本人確認方法の種類とカードが届くまでの流れ(JCB公式サイト)

JCBカードの審査期間が長い=審査に落ちるってこと?

審査に時間がかかるケースとして見落としがちなのが、インターネットの申し込みや提出書類の記入ミス。そのほか、過去に延滞や滞納といった支払い事故を起こしていると、その確認のため時間がかかるケースもある。ただし、時間をかけて調べた結果、問題なしと判断されることもあるので、審査が長い=落ちるというわけではない。

JCBカードは土日も審査する?

審査期間は「営業日」ベースで数えられているので、土日は審査していないと考えられる。

JCBカードの審査で電話による確認はある?

JCBカードの審査では、勤務先へ在籍確認を行うことや、自宅や携帯電話への本人確認を行うため、電話がかかってくる場合がある。勤務先への在籍確認の場合は、本人が電話に出なくても済む場合が多いが、基本的に事実確認ができなければ審査が進まないので、かかってきた電話にはきちんと対応しよう。

JCBカードならインターネットで審査確認ができる

インターネット申し込みの場合、インターネットで入会判定状況の確認が可能だ。紙の申込書の場合も、対象となるカードであれば、専用サイトで確認できる。

JCBカードの審査に落ちた!? そんな時は何が起こっている?

審査がある以上、残念ながら落ちてしまうこともある。気になるのは、やはりその理由ではないだろうか。

JCBカードの審査に落ちる理由

JCBカードに限らず、クレジットカードの審査に落ちる理由は「収入と信用」だ。具体的には、以下の4つが大半を占める。

・返済能力が低い
・過去に金融事故情報がある
・多重申し込みがある
・初めての申し込みである

このうち「金融事故情報」は、返済の延滞や遅延した情報が個人信用情報機関に「金融事故記録」として保存されている状態のこと。「ブラックリスト」や「クレヒス(クレジットヒストリー)」などとも呼ばれている。

自己破産や個人再生の履歴はもちろん、カードローンやクレジットカードの返済情報、携帯電話代金や貸与型奨学金の返済状況なども、「金融事故記録」の対象となるので注意が必要だ。

【参考】知らぬ間にブラックリストに!?クレジットカードが作れない!?「過払い金請求」に潜むリスクとは

【参考】信用情報機関が記録したクレジットカードの返済履歴「クレジットヒストリー」を確認する方法

JCB CARD Wは審査が厳しい?

JCB CARD Wは「39歳以下」と年齢の上限が設定されている。保険などの特典に違いはあるが、Oki Dokiポイントが貯まりやすく、年会費無料というメリットがある。比較的、作りやすいカードといえるだろう。

JCB CARD Wの審査に落ちた!? 何が問題?

JCB CARD Wも、上述した「収入と信用」が問題となる。基本的にキャッシング枠を設定していると、それにともなって審査は厳しくなる傾向にある。特に必要ない場合は、キャッシング枠をゼロにして申し込むのも手だ。

JCB CARD Wの審査期間は?

JCB CARD Wも、最短3営業日で発行可能なカードだ。比較的、短い審査期間といえる。

JCB CARD Wの審査は電話でできる?

JCB CARD Wは、インターネットでの入会限定のカードなので電話での申し込みはできない。しかし、電話で詳細を問い合わせることは可能だ。

クレジットカードの審査に落ちる理由

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由の大半は、上で紹介したとおりだが、そのほかにどのような理由があるのだろうか? いくつか紹介してみよう。

まず、ありがちな理由の1つが「勤務先」だ。「勤務年数が短い」「在籍確認ができない」などが挙げられる。

カードによっては「仕事をしていない(身分が主婦や学生)」ことも落ちる理由になったりする。また、「再申し込み・再審査の間隔が短い」といった理由や、「書類記載ミス」など、申し込み方法に問題がある可能性もある。

おすすめのクレジットカードはズバリどれ?

JCBが発行する「JCBカード」のように、「プロパーカード」は「提携カード」に比べて審査が厳しい傾向にある。

提携カードは、カード発行会社が審査を行うのに対して、プロパーカードはJCBやVISAなどの国際ブランド自身が審査を行う。提携カードは、利用しやすいように取得条件を緩和している場合が多く、取得しやすいものが多い。

【参考】年会費無料カードを卒業して選びたい「ステータス」クレジットカード10選

クレジットカード人気ランキング上位の常連・楽天カードは審査が通りやすい?

人気クレジットカードランキング上位の常連・楽天カードは、楽天スーパーポイントが貯められるカードで、その使い勝手の良さから人気も高い。審査が通りやすい点も、好評のようだ。

楽天カードの審査は甘い?

審査そのものが甘いことはないが、楽天カードの取得条件は緩和されており作りやすい。手に入れやすいカードの1つといえるだろう。

楽天カードの審査にかかる時間はどれくらい?

楽天カードは、申し込みから1週間~10日でカードが発行される。JCBカードよりは時間がかかるものの、審査時間はそれほど長くないほうだ。

楽天カードも審査落ちする?

手に入れやすいと評判の楽天カードも、上述した理由で審査に落ちることはある。書類の記入ミスで落ちる可能性もあるだけに、十分に注意して申し込みたい。

クレジットカードのおすすめブランドは?

どのブランドを選ぶかは、やはり加盟店数の多さがポイント。世界規模で見ると、加盟店数も発行枚数もVISAとMasterCardが抜きん出ている。

日本国内ではJCBカードの加盟店数もこの2ブランドに匹敵する。国内利用がメインなら、JCBカードもおすすめだ。

また、2枚目以降の場合は、すでに持っているブランドとは別のブランドを選ぶのもいい。お店によっては、VISAのみ、MasterCardのみ取り扱うケースもあるので、複数のカードブランドを所持していると便利だ。

学生向けクレジットカードのおすすめは?

学生向けのクレジットカードも、様々なカード会社が提供している。選択肢は多いので、よく利用する店舗でポイントが貯まりやすいなど、メリットを最大限活かせるカードを選びたい。

上で紹介したJCB CARD Wも若年層向けだが、JCBにはさらに対象年齢が18歳~29歳とさらに若い「JCB CARD EXTAGE」もある。Oki Dokiポイントのボーナスもあるので、サービスを見比べて、自分に合ったものを選ぶといいだろう。

また、人気の高い楽天カードも、学生でも取得できるうえに、所持可能な年齢の上限もない。ブランドにJCBを選ぶこともできるので、楽天カードを狙うのも手だ。

文/ねこリセット

※データは2019年6月中旬時点での編集部調べ。
※本記事はカードの発行を推奨する目的はありません。あくまで自己責任・自己判断でご利用下さい。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。