人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レアな細菌を発見!愛犬の「腸内フローラ」を測定した結果

2019.05.21

今話題の「腸内フローラ検査」がペット用保険で受けられるサービスとして登場した。それがアニコム損害損保「どうぶつ健保ふぁみりぃ」で利用できる健康チェックサービス『どうぶつ健活』。

腸内フローラ測定の結果から、病気のなりやすさを判定する。測定結果に応じて、無料で動物病院での健康診断が受けられる画期的なサービスだ。

ペットの腸内フローラ測定が受けられる「どうぶつ健活」

従来のペット保険では、ペットが病気を発症した時だけに利用するのがメインだった。しかし、重症な状態になっている場合は治療が長引き、飼い主の負担も増大するケースがある。「どうぶつ健活」は適切な予防対策ができるので、ペットの重症化を防ぐことができるというわけだ。

実際に「どうぶつ健活」を使ってみた!

実際に使っている様子を見ないことにはイメージがわかないペットオーナーは多いだろう。そこで今回、我が家の愛犬・トトが腸内フローラ測定にチャレンジしてみた。

ミックス犬チワプーのトト。男。1歳7ヶ月。性格はお茶目な暴君。好きなおやつは「骨」。

実はこのトト、小学館のペットマガジンPETomorrowに登場している。『黒犬の飼い主が切実に伝えたい「黒犬の魅力」』で一躍人気?になったアイドルドッグなのだ。ちなみにGoogleで「黒犬」と検索すると真っ先に上に出てくる。

……と、愛犬自慢はひとまず置いておいて。

サービスの流れは?

「どうぶつ健活」のサービスを利用するのは簡単。契約開始後に申し込み、測定キットでペットのうんちを採ってポストに投函するだけ。

まずはトトの犬種情報などを「けんかつくん」で入力する。

サイトは分かりやすい仕様になっており、わずか5分で入力完了。

あとは測定キットが届くのを待つだけだ。

後日、測定キットが無事に到着した。あとはトトにうんちを採取させてもらう。

「すみません、うんちを一つ頂きたいのですが…」

「ヴァン!!(嫌だっ!)ガブッ!」

と、こんなやり取りがありつつも、なんとかうんちをゲット!

そして、うんちをポストに投函する。測定は1~2ヶ月程で完了、メールでお知らせしてくれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。