人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今やひとり暮らしの必需品!衣類スチーマーの便利な活用法

2019.05.25

1台あるとこんなに便利!衣類スチーマーの活用術を@DIME記事から紹介しよう。

衣類スチーマー

タンク容量が倍増、8分の連続スチームでパワフルになったパナソニックの衣類スチーマーは新生活の必須アイテム!

パナソニックから登場した衣類スチーマー「NI-FS750」「NI-FS550」 の2機種はもうチェックしただろうか?タンク容量を従来の2倍の約100 mLにアップし、約8分の連続スチームが可能になった。

【参考】https://dime.jp/genre/705627/

低価格、コードレス、ワイシャツ向け、この春買い換えたい人におすすめのアイロン12選

ノーアイロンタイプの衣類も増えているが、アイロン掛けをしたシャツを着ると、やはり気持ちのいいものだ。最近では、使いやすさに配慮されたもの・衣類をハンガーに掛けたまま使用できるものも増えている。 本記事では、低価格・コードレス・ワイシャツ向けのおすすめアイロンを紹介する。面倒なアイロン掛けが楽しくなるような、気に入りの一台を見つけてみよう。

【参考】https://dime.jp/genre/703855/

身だしなみ家電の新製品3アイテムを発売前に使ってみた

独立行政法人労働政策研究・研修機構が発表した「企業における転勤の実態に関する調査」(2018年)によれば、定期的な人事異動(ジョブ・ローテーション)がある企業は53.1%と過半数を占めた。 また人事異動の頻度が何年ごとかについては、「3年」が27.9%と最も多く、次いで「5 年」が18.8%だった。ビジネスマンであれば、約3人に1人が3年を目処に異動が待っている、ということか。

【参考】https://dime.jp/genre/699302/

従来モデルに比べ約2倍のタンク容量を装備した「衣類スチーマー」新モデルの使い勝手を徹底検証

厚生労働省「厚生労働白書」や総務省「労働力調査(詳細集計)」などによれば、2018年における国内の共働き世帯は約1219万世帯。これに対して専業主婦世帯は600万世帯と、両者の差は倍以上となっている。 これが1980年当時では、共働き世帯が614万、専業主婦世帯が1114万と、ほぼ現在と逆の状況だった。その後、1997年に共働き世帯が949万、専業主婦世帯が921万と両者の世帯数は逆転。その差は開き続け、現在に至っている。

【参考】https://dime.jp/genre/688318/

気になった時すぐにシワ伸ばしができるティファールの衣類スチーマー「トゥイニー オートスチーム」

近年、衣類スチーマー市場は急成長を続けている。調査によると、衣類スチーマーを選ぶ際に最も重視するポイントは「使いやすさ」。 ティファールの衣類スチーマー「トゥイニー オートスチーム」は、握りやすいハンドルと安定性に優れたヘッドで、スチーム時もアイロン時も快適に操作ができる2WAYのための理想的なフォルムで「使いやすさ」にこだわったモデルだ。

【参考】https://dime.jp/genre/668039/

構成/チーム@DIME

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。