人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.11

メール添付はもう古い!無料で簡単、Google Driveでファイルを共有する方法

メールでのファイル共有に不満を持っていた人に朗報! Googleアカウントを持っているユーザーなら、誰でも無料で使えるクラウドストレージ「Google Drive」で、ファイルの共有が簡単にできる方法を紹介しちゃいます!

【参照】無料で容量15GB!クラウドストレージ「Googleドライブ」の上手な使い方

誰でもすぐにできる! 超簡単なGoogle Driveのファイル共有方法

この項目では、今までGoogle Driveを使ったことがない人でも、簡単かつすぐにできるGoogle Driveのファイル共有方法を紹介します。
※Googleアカウントを持っていて、ログインしていることが前提です。

【参照】超簡単!Googleドライブにログインする方法

パソコンからファイルをアップロードする方法

ファイルを共有するには、まずファイルをGoogle Driveにアップロードする必要があります。

1.パソコンからGoogle Driveを開きます。
2.移動したいアイテムが保存されているファイルを表示します。
※この時、上記二つのウインドウは全画面表示ではなく、並べておくとアップしやすいです。
3.アップするアイテムをドラッグし、Google Driveの画面上(下図参照)でドロップします。

4.下図のように同アイテムがGoogle Drive内に表示されればアップロード完了です!

スマホからGoogle Driveにアイテムをアップロードする方法

1.Googleアカウントにログインし、Google Driveを開きます(※iPhoneの場合はApp Storeからインストールしてから開いてください)
2.画面下部に表示されている+(プラス)マークをタップし、共有するファイルを選択します。
3.無事、Google Drive内にアイテムが表示されればアップロード完了です!

スマホからアイテムがアップロードされない時は?

アップロードするアイテムを選択したものの、一向にアップロードされる気配が無いときは「Wi-Fi経由でのみファイルを転送」に設定されている可能性が高いです。一度、Wi-Fiに接続してみるか、モバイル通信でアップロードしても構わない場合は、画面左上の三本線(メニュー)をタップし、設定から「Wi-Fi経由でのみファイルを転送」をオフにしてみましょう。

Google Driveに共有フォルダを作るには?

Google Drive内に共有フォルダを作るには、画面左上の新規をクリックし、フォルダを選択、フォルダ名を付けると画面上に作成したフォルダが表示されます。

次にフォルダの共有設定を変更します。作成したフォルダにマウスポインタを合わせて、左クリック。共有を選択し、さらに詳細設定をクリックします。

詳細設定では

・このアイテムを見られる人
・閲覧/編集権限の設定
・リンクのコピー

などが設定できます。また上図のアイコンには表示されていませんが、リンクをコピー&ペーストすれば、LINEやFacebookといったありとあらゆるインターネット上のサービスで公開することができます。

もちろん、公開したくない場合は共有設定をオフにすることも可能です。

Google Driveで共有を解除するには?

Google Driveで共有を解除するには、上記で紹介した詳細設定から、共有をオフに設定すればOKです。

Google Driveで共有できるアイテムは?

Google Driveで共有できるアイテムは、様々なものがあります。WordやExcelはもちろん、PDF、パワーポイントなど、ほとんどのアイテムを共有することができます。
また容量が大きい時などは、圧縮ファイルにしてアップロードすることも可能です。

Google Driveで共有できる容量は?

Google Driveで共有できる容量に制限はありませんが、Google Driveに保存しておけるアイテムの容量は無料版で15GBです。つまり共有できる容量=使用可能容量となります。15GBだけでもかなりの量のアイテムを保存しておくことができますが、月額料金を支払うことによって、使用可能容量をさらに増やすことができます。(下図参照)

※ちなみにGoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントといった、Google内のアイテムは何個アップロードしても、使用容量に加算されません。

※また写真や画像データを保存する際は、Googleフォトに高画質モードで保存をすれば、使用容量は消費されません。
詳しくはこちら↓

【参照】スマホの写真がほぼ無制限に保存できる「Googleフォト」活用術

Google Driveの共有アイテムを削除するには?

Google Driveのアイテムを削除したい場合は、削除したいアイテムにマウスポインタを合わせ、右クリックをして「削除」を選択すればOKです。

削除したアイテムはゴミ箱に移動します。完全に削除したい場合はゴミ箱内で右クリック→完全に削除を選択してください。また間違えて削除してしまった場合は、復元をクリックすれば、元の場所に戻ります。

アカウントなしでもGoogle Driveの共有アイテムはダウンロードできる?

下図は共有設定時の画面です。

共有が「オフ・特定のユーザー」となっている場合は、Googleにログインしている人でないと、アイテムを閲覧・ダウンロードすることができません。しかし「オン・ウェブ上で一般公開」及び「オン・リンクを知っている全員」に設定されている場合は、Googleにログインすることなく閲覧・ダウンロードすることが可能です。

Google Driveのアイテムを社外共有しても大丈夫?

上記「Google Driveに共有フォルダを作る」で紹介した通り、アイテムやフォルダは共有設定さえしてしまえば、例え社外の人とでも共有することができます。

ただし! 設定を間違えたり、本来、権限を与えてはいけない人にも閲覧・ダウンロード権を与えてしまうと、企業の損失に繋がる可能性も出てきます。

社外と人とファイル・アイテムを共有する際は、共有設定に細心の注意を払いましょう。

取材/文 高沢タケル

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。