人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あれっ、iPhoneの電源が入らない!そんな時に試したい対処法

2019.04.17

iPhoneを落として電源が入らなかった時に試したい方法

 アップル社製の、超小型コンピューターである「iPhone」。

 iPhoneは、ネットサーフィンやメールやSMSが楽しめて、かつ写真や動画や音楽もエンジョイできるだけでなく、ここだけのハナシ、電話もかけられます。

 大切なiPhoneですが、ある時、ポケットから本体がするりと抜けてガシャンと落ちて、その後電源が入らなくなってしまった……そんな経験はありませんか?

 大切なiPhoneの電源が入らなくなった場合、慌てて騒いでも、どうにもなりません。iPhoneが起動しない原因は、必ずしも落下による破損が原因かどうかは分からないのです。見た目、さほど破損していない場合は、まだ復旧できる可能性があります。今回は、「大切なiPhoneの電源が入らなかった時に試してもらいたい、幾つかの方法をお知らせいたします。

iPhoneの電源がつかない時は、まずは「再起動」!

 iPhoneに限らずパソコンでもそうですが、コンピューター内の情報処理量が多くなり、負担がかかりますと、CPU(コンピューターの脳みそ)がパンクします。そして、機械的に壊れてしまいます。特に、たくさんのソフトを長時間、大量に起動させていた状態で放置プレイしてしまいますと、だんだんとプログラムの動作が緩慢になったり、誤動作を起こしやすくなってしまいます。

 そんな時、パソコンユーザーなら比較的良く行っているにもかかわらず、iPhoneですと、以外と意識しないのが、デバイスの「再起動」。再起動させることで、今までの動作の不具合が解消されるケースが少なくありません。

 iPhoneの再起動は通常、電源ボタンを長押しすることで可能となります。しかし今回は、電源ボタンを長押ししても、全く再起動する気配がなく、画面は真っ暗なままです。お手上げです。バッテリーが完全放電するまで、じっと待つしかないのでしょうか。待ちきれない場合は、以下の方法を試してみましょう。

まずは試してもらいたい強制シャットダウン後の再起動

 iPhoneの再起動ができなくなった場合は、以下の操作で、強制シャットダウンをすると、おおむね再起動が可能になります。

 iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch

ホームボタンと上部のボタン (又はサイドボタン) を同時に、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 7 又は iPhone 7 Plus

サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 8 以降

音量を上げるボタンを押して、すぐに放して、その後、音量を下げるボタンを押してまたすぐに放し、最後に、Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。