人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.14

三度目の正直で50cm超えなるか?葉山沖で春のアマダイ釣り

3月22日金曜日、今年3度目のアマダイ釣りに出かけた。例によって、相棒は釣友の正林さん。今期は2人とも、ターゲットたる50cmオーバーにはお目にかかっていない。釣り宿は今や定宿、50cm級狙いで有名な葉山・あぶづり港、たいぞう丸だ。同船のホームページには、連日のように少なからぬ50cm級が踊っている。三度目の正直、成るか!?

土日はクルマでギッシリの駐車場も、平日ならこの通り。

前回に続き平日なので釣り人は少なく、片側3人ずつのゆったり釣りだ。僕は一番好きな右舷先頭、正林さんは右舷真ん中に席を取った。これまでは2回とも僕は右舷先頭、正林さんは左舷最後方に座ったので、お互いに姿が見えない。しかし今回はお隣同士。僕より常に好釣果の正林さんを横目で見て、名人が釣れだしたらその釣り方を真似するつもりだ。「釣れている人を真似る」は、釣りのセオリーなり。
天気は快晴とまではいかないが晴れ、江の島の遙か向こうに富士山が見える。船は城ヶ島沖まで約50分走り、8時少し前にスタート。前日は出船中止の強風、本日もやや風が強くうねりも少しあるが、この程度なら僕たちにはどうってことない。

江の島の遙か彼方に富士山。

3投目でやってきたいいアタリ

本日3投目、いいアタリが来る。この引きはアマダイだろうと幸先の良さにほくそ笑むが、その正体は半分正解で半分外れ。小ぶりのアマダイとまあまあサイズのホウボウの一荷だった。2匹の重さを足してもたいしたことはないが、それぞれが違う方向に暴れるので引きはかなり強くなる。40cm級を期待したのでややがっかりだが、小さくても船中第1号のアマダイ、よしとしよう。

アマダイは25cmくらい。たいぞう丸では23cm未満は釣果に入れないそうで、かろうじて1匹目を名乗れる。ホウボウは船で絞めて、その日に刺身で食べた。あまり味はないが、身はフグのようにムッチリ。わさび醤油ではなく、ポン酢にすべきだった。

そのしばらく後、またもや明確なアタリ。小気味いい引きに本日第2号を確信するも、上がってきたのは大きめのキダイだった。僕はキダイを食べたことがないが、どうやら美味しいらしい。サイズがいいので持ち帰ろうと思ったが、これからたくさんアマダイを釣るのにキダイまでキープしたら、家で捌くが大変だと思い直しリリースした。続いてまたアマダイらしきアタリも、サイズダウンのキダイ。4投連続でキダイを上げたが、すべてリリースだ。さらにトラギス、アカボラ、カナガシラ、ヒメと、アマダイの定番外道が続く。

アマダイでは外道がよくかかるが、この日は一際多かった。そこであることを思い立った。初歩的な釣りギア、“針外し”の練習だ。釣り針が魚の口深くに刺さると、指が届かず外せない。そこで針外しの出番となるが、僕はうまく使えない。海釣りを始めた約30年前、キスを釣っていた頃はできた。だが大物・高級魚狙いに転じてから長く、すっかり使い方を忘れてしまった。では前2回の釣行ではどうしたかというと、指が奥まで入るようハサミで口を切って外していた。自称・ベテラン釣り師、ちょっと情けない。

しかし本日は隣に、道具好きの正林さんがいる。針外しの使い方の教えを乞うた。それをここに書いてもあまり意味がないので省くが、外道釣れまくりのこの日は練習機会に恵まれ(?)瞬く間に上達した。正林さん、外道さん、ありがとう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。