人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

おしゃれで快適すぎる!ワークマンの建設現場用3D裁断ジャケットはコスパ最強

2019.03.17

今や“ポストユニクロ”と呼びたくなるほど、人気急上昇中の作業服販売店『ワークマン』。作業服ならではの丈夫さ、着心地の良さ、シンプルで無駄のないデザイン、そしてリーズナブルな価格などが高く評価されている。

昨年秋には一般向けのカジュアル衣料品店『WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)』も出店し、ますますお洒落度なイメージが定着し始めている。

今回は、筆者が『ワークマン』で見つけたお洒落な建設現場用ジャケットをレポート。立体裁断で動きやすい上に、スマートなシルエットがとてもカッコいい。男女問わず、春先のコーディネートに重宝しそうだ。

こちらの『XEBEC(ジーベック) 現場服ストレッチブルゾン』(4500円・税込み)は、ネイビー・ベージュ・ダークグリーン・杢ブルー・ブルーデニム・ライトブルーデニムの全6色展開。サイズは、S~5L。

身長162cm・体重50kgで女性の筆者は、Mサイズ(身長160~170)を選んだ。カラーは、コーディネートしやすそうなダークグリーン(カーキ)にしてみた。

全体のシルエットを見てみると、横幅がスリムでコンパクト。ぱっと見は、アパレルショップで販売されているジャケットとほとんど変わらない。

しかし、ハードな建設現場でも動きやすいよう、3D裁断(立体裁断)で体のラインに沿うように作られている。さらに、ストレッチも入っているので、動いた時の突っ張り感はほぼナシ。

筆者はわりと肩幅がある方なのでタイトなジャケットやブルゾンが苦手だったのだが、この現場服を着た状態で肩を勢いよくグルグル回しても、あの不快な“突っ張り感”がなかった。

素材は“綿97%、ポリウレタン3%”で、肌触りがよく吸汗性がある。裏地はなし。汗をたくさんかいても、すぐに吸い取ってくれそう。

厚みのある丈夫な綿素材なので、女性の筆者が着ると少し重たく感じる。しかし自宅の洗濯機でもガンガン洗えるため、楽に手入れできるのが嬉しい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。