人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

好きな人に好かれない!?負のスパイラルにハマる婚活女子の特徴

2019.03.17

筆者はこれまで沢山の婚活女性に出会ってきましたが、「好きな人に好かれず、どうでも良い人に好かれる」というお悩みはトップ3に必ず入ります。かつて筆者も婚活時代には同じ悩みを抱えて悶々としていました。LINEが続かない、2回目のデートに誘われない。’’好きな人に好かれない’’スパイラルに陥る女性の4つの理由と、その対処法をご紹介します。

1.好きな人の前で自分を出せない

「気になる人の前だと力み過ぎてしまい、頑張ってしまいます。逆に気にならない人の前では緊張しないし、毒も吐けちゃう。長文のラインにも一文で返したりできます(27歳 女性)」

女性には、気になる人の前では無意識のうちに「彼に選ばれよう」という思考となり、それが態度となって表れてしまう傾向があります。

例えば、LINEの文章を一つ取っても、長文になりすぎているかな、「?」で終わっていないけれど返信来るかな、どのスタンプにしようかな・・・…等、送信ボタンを押す前に何度も確認していませんか。自分の話は後回しにして彼の話ばかり聞いてしまったり、本当は「違うんじゃないの?」と彼の発言に違和感があるのに、「うん、そうだよね」と、気に障ることを言わないよう過度に気を遣ったりしていませんか。その結果、既読スルーされてしまったり、彼とうまくいかなかった時は「選ばれなかった自分はダメなんだ」と落ち込んでしまったり・・・…。

恋愛においては性別も年齢も関係なく対等のはずなのに、好きな人の前では気を遣い過ぎたりお膳立てしたりしてしまう。本来の素の部分が出さずに、次第に「何でも彼の言うことに合わせる良い子ちゃん」に自らなってしまっていることに気付きません。その結果、他の女性との差別化が出来ずに男性から魅力的に写らなくなってしまうのです。

一方で、どうでも良いと感じる人の前の自然体の態度や、ちょっと突き放すような態度は、男性から「何としても手に入れたい」という狩猟本能を逆に駆り立ててしまうことがあります。そのため、好きな人には好かれず、どうでも良い人には好かれるというジレンマが生じてしまうのです。気になる人の前では、相手に合わせすぎずに自然体の自分を出せるように意識してくださいね。

2.彼が頑張るところを自分で奪ってしまう

「好きな彼とデートに行く時に、どうしても最初は私がそっちに行こうか?と言ってしまうのですが、お迎えに来てと言ってみたいです!」(31歳女性)

何でも自分でやってしまおうとする傾向も要注意です。初めてデートをする時も、彼の都合の良い日時に合わせ、彼の家から出やすい場所までわざわざ自分から行くような行動を取ってしまいます。「こっちの方に来て」と言えないのです。お店選びも女性側でリサーチして、彼の手を煩わせないように女性が予約する・・・…。こうしていると、彼は女性と付き合うために何の努力もしなくなってしまいます。彼のご機嫌を伺って、「あれもこれも自分でやってあげよう!」と、よかれと思ってしている行動が、結果として彼の気持ちをどんどんと遠ざけてしまっているのです。

お店選びや予約も毎回女性がやるのではなく、彼にもお願いしてみる。たまには自分の家から出やすいところを指定して「こっちに来て」と言ってみる。少しずつ、上手に頼りながら、何でも自分がやることを手放してみてくださいね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。