人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.15

プロカメラマンが解説!DIME5月号の付録「超望遠8倍スマホレンズ」の活用法

「DIME」の5月号(3月15日発売)の特別付録は、なんと、雑誌付録初の8倍望遠スマホレンズ! これまで雑誌の付録には、広角タイプのスマホレンズが付いたことがあったが、8倍望遠タイプのスマホレンズが付くのは史上初。

お花見、入学式、旅行、スポーツイベント、音楽ライブなど、イベントが目白押しのこの季節。ぜひ、この「超望遠8倍スマホレンズ」を手に入れて、楽しい写真を撮りに出かけてみてはいかが?

ちなみに店頭で買うと1000円以上することもあるこの付録が付いて、価格はなんと980円。めちゃくちゃお得な雑誌「DIME」を早めにGETしよう。

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07PCQKZLS/
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15837919/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1211650630

プロカメラマンが教える活用法

スマホのズームは画が荒れがち。この望遠レンズならしっかり寄れて、周辺がボケた写真が狙える。植物、動物、風景など様々な被写体で試そう!

 今月号の付録は『超望遠8倍スマホ用レンズ』。カメラマンに様々な被写体で試してもらい、撮影する際のコツを教えてもらった。

「まずピント合わせに少しコツがいります。最初に望遠レンズのフォーカスリングを回し、ピントを合わせます。この時、スマホのオートフォーカスが迷ってしまうことがあるんです。その場合はスマホ画面で被写体をタップ。この2段階できれいにピントが合います」(カメラマン・もりひろゆきさん)

 望遠となると、撮影時の手ブレも気になるところ。

「椅子でも壁でもいいですが、手首を何かに添えてブレないようにしましょう。そしてスマホのシャッターボタンを押す時は呼吸を止めて。あとは、晴れの日だと光量があるのでブレにくいですよ」

 混雑するイベントや動物園、建築物の細部など、肉眼で近づけないものにズーム。外出のお供にして、様々な撮影を楽しんでほしい。

「外出のお供に!」

カメラマン
もりひろゆきさん
本誌など雑誌や広告撮影を中心に活躍。ガジェット好きで、スマホで使うカメラアイテムも普段からチェック!

撮る手順はコチラ!

(1)スマホにクリップを装着

クリップから付けるのがコツ。レンズを覆わないよう注意。

(2)レンズを付ける

レンズを上向きにして、クリップに回して取り付ける。

(3)画面をチェック

スマホのカメラを起動。角に出るケラレ(※)を最小限に。
※ケラレとは画面の隅にレンズフードやフィルターが黒く写り込んでしまうこと。

(4)ピントを合わせる

フォーカスリングを回す際、クリップがずれないよう注意。

こんな写真が撮れる!

ズームがきれい!

〈スマホで撮影〉

〈付録のレンズ使用〉

スマホのズームだと荒れたが、花の細部まできれいに寄れた!

ボケ感が楽しい!

〈スマホで撮影〉

〈付録のレンズ使用〉

俯瞰で写真を撮ると、周辺のピントがボケてジオラマ風の写真に。

〈桜撮影のコツ!〉

前後の花を意識すると周辺がきれいにボケて、被写体が際立つ。

夜景はピンぼけにして光の玉で遊ぶのもいい。

動く被写体は苦手。止まった瞬間を狙おう。

●お使いの端末、ケースの形状によっては取り付けられない場合があります。

撮影/もりひろゆき イラスト/中島ミドリ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。