人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

撮像素子、レンズの大型化で高精細撮影が可能になったリコーの360度カメラ最上位モデル「THETA Z1」

2019.03.04

リコーイメージングは、2月25日に360°カメラ「RICHO THETA」の最上位モデルである「RICHO THETA Z1」を3月下旬より発売することを発表した。

価格はオープンプライスで、直販サイトでの販売価格は11万7500円(税別)を予定。

RICHO THETA Z1は、撮像素子がこれまでの1/2.3型から1.0型にサイズアップ。これにより、高精細で明るい静止画や動画の撮影が可能となった。撮像素子の有効画素数は約2000万画素で、これがふたつ組み合わせることで約2300万画素の360°静止画を撮ることができる。動画は3840×1920の4K画質で撮影でき、フレームレートは29.97fpsで、ビットレートは56Mbpsとなっている。

RICHO THETA Z1。

これまでのThetaシリーズも新機種が出る毎に高画質化をはかってきたが、今回はデバイスから変更することにより、抜本的な改善が見られている。

撮像素子を大きくすると、それだけ本体サイズも大きくなってしまいがちだが、プリズムを使って3回屈曲させることで、サイズを維持している。それでもサイズは多少大きくなっているが、撮像素子のサイズアップと比較すれば、従来サイズに近い形で抑えられている。また、薄くすることのメリットとして、持ち運びのしやすさだけでなく、二つのレンズで撮影した映像をひとつに合成するときに境目、いわゆるステッチ部分が目立たせずに済み、360°写真としての完成度を向上させている。

レンズ下部に2枚の1.0型撮像素子が入っており、3回屈曲させることで、このサイズを実現した。

右が従来機の1/2.3型撮像素子。左がRICHO THETA Z1の1.0型撮像素子。

撮像素子が大型化してことに伴い、レンズも大型化した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。