人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

結婚後における奨学金の返済、どうすればいい?

2019.03.01

奨学金とは、進学のために必要なお金を借り、それを社会人になってから返済する制度だ。

これを利用することは、「自分の力で未来を切り開く」という意味で、むしろ称賛されるべきだが、いざ結婚して家庭を持つとなると、2人の生活にも影響するだけに問題視されることも多い。これから結婚を考えている人は、奨学金とどう向き合っていくか、この記事で改めて考えてみよう。

【目次】

1.奨学金を利用していると結婚できない?

2.奨学金を抱えた相手との結婚を、親に反対された! その対策は……?

3.奨学金を返済中の女性と結婚する時に注意するべきこと

4.奨学金の返済がまだ残っている……そんな男性も、結婚したいなら相手に伝えよう

5.彼氏が奨学金を利用していた! 結婚はどうする?

6.結婚後に結婚相手が奨学金を抱えていることを知った場合

7.結婚相手が奨学金を借りていた! 返済はどれくらいなの?

8.奨学金の返済があるけど、結婚式は挙げたい!

9.結婚したら奨学金は夫婦で返さなければいけないのか?

10.結婚後における奨学金の扱い、どうすればいい?

【参考】

奨学金を滞納したらどうなる?保証人に電話される、住宅ローンが組めないって本当?

奨学金を利用していると結婚できない?

前述のとおり、奨学金は進学のためにお金を借りる「借金」の一種だ。そのため、自分が奨学金を利用していると、相手に対する申し訳なさを感じ、結婚に前向きになれないこともある。その逆に、相手だけが奨学金による返済を抱えていた場合、結婚後は相手の借金を自分まで背負わされるような気になる恐れもある。

どちらの場合も大切なのは、モヤモヤした思いをきちんと相手に伝えることだ。結婚後は2人で生活することになるだけに、奨学金の返済計画も、しっかり話し合う必要があるだろう。

奨学金を抱えた相手との結婚を、親に反対された! その対策は……?

自分の子供の結婚相手が奨学金を利用したことを嫌うケースは、よくある話だ。「自分は懸命に働いて、子供の学費を出したのに……」という思いが強いほど、結婚相手やその親を受け入れがたく感じてしまうのだ。

当事者としては、「結婚するのは自分なのに!」と反発したくなるが、強引に結婚を急ぐのは得策ではない。結婚後に自分が親とギクシャクするのはもちろん、結婚相手の印象をさらに悪くする可能性もあるからだ。それを避けるためにも、まずは親の気持ちに寄り添って、頭ごなしに否定しないことが大切だ。

【参考】

子供が大学を出るまでの教育費は総額でいくら必要?

奨学金を返済中の女性と結婚する時に注意するべきこと

結婚を考えている女性が奨学金を利用していて、あなたが自分の稼ぎをその返済に充てることに少しでも不満があるなら、結婚は慎重になったほうがいいかもしれない。

彼女自身が「自分で返す、あなたに迷惑はかけない」と言っても、妊娠したら出産と育児で働けなくなってしまう。そのとき、彼女に代わって奨学金を返済する覚悟があるのかどうか、自分に問い直してから結婚を考えても遅くはない。そのうえで、彼女と結婚後のライフプランを話し合おう。

奨学金の返済がまだ残っている……そんな男性も、結婚したいなら相手に伝えよう

奨学金の返済が残っている男性は、プロポーズをしたい相手がいても、そのことが気になって気後れすることもあるだろう。しかし、前述したように、結婚すれば2人の問題になる。それを隠したまま結婚すれば、あとになってトラブルになることは確実だ。プロポーズの前でも、プロポーズの時でもいいが、必ず相手に伝えて、返済計画やライフプランを話し合おう。

彼氏が奨学金を利用していた! 結婚はどうする?

まだ結婚を考える関係ではないカップルで、彼氏に奨学金の利用があることがわかった場合はどうすればいいのか? 結婚しないのであれば、個人の問題なので、彼女側から突っ込むことは避けたいところだ。

一方、彼氏側は、結婚まで考えているのであれば、上述したようにしっかりと話したほうがいい。ただし、プロポーズをするまでの間柄まで行っていない場合、仮に返済計画を立てていても、彼女側から「そんなに待てない」とフラれる可能性もある。デリケートな問題だけに、話す時は慎重にしたほうがいいだろう。

結婚後に結婚相手が奨学金を抱えていることを知った場合

結婚相手に奨学金の返済があることをあとから知った場合は、事態は少々複雑になる。というのも、遊んで作った借金ではないとはいえ、毎月、数万円の返済を2人の稼ぎから払うことになるからだ。とはいえ、離婚するのでなければ、それを責めても問題は解決しない。改めて返済計画やライフプランを、夫婦でしっかりと話し合おう。

結婚相手が奨学金を借りていた! 返済はどれくらいなの?

実際に夫婦で返済計画を立てるとして、奨学金の返済はどれくらいが一般的なのだろうか? 結論を先に言うと、これはケースバイケースで、一概に「いくらくらい」とは言えない。というのも、高校用か大学用かでも違うし、当時、必要だった学費と生活費の総計で借りた額によっても変わってくるからだ。

とはいえ、奨学金は「無理せず、長期間に渡ってゆっくり払う」ことを前提としている。「月数万も!」というケースはほぼなく、だいたい「数千円~2万円程度」を「10年~20年」というのが一般的だ。奨学金を借りた側にしっかりと残りの金額を聞き、上手く2人の生活に組み込んでいこう。

奨学金の返済があるけど、結婚式は挙げたい!

人生において、予算を削りやすいイベントの1つが「結婚式」だ。挙式、披露宴、二次会、新婚旅行まで含めると数百万の出費となる。奨学金の返済があるなら、そのお金をそちらに回す選択をする夫婦もいるだろう。そんなときに、選択肢の1つとして利用したいのが、少人数で身内だけのシンプルな結婚式だ。

これまで10万組以上の挙式実績を持つ少人数専門の「小さな結婚式」では、10万円以下での挙式が可能となっている。挙式料はもちろん、衣装のレンタルやヘアメイク、写真撮影まで、必要なものがこの金額で揃う。格安で結婚式をしたい方は、ぜひ利用を検討してみてほしい。

【参考】

小さな結婚式(公式サイト)

結婚したら奨学金は夫婦で返さなければいけないのか?

これまで、結婚にあたって奨学金がある場合は、2人で話し合うことを勧めてきたが、奨学金の「返済義務」は、当然だが借りた本人だけとなる。借金の連帯保証人とは異なり、結婚したからといって、相手に支払い義務が生じることはない。

結婚後における奨学金の扱い、どうすればいい?

女性の場合、妊娠や出産で働けなくなることもあるが、「結婚して専業主婦になったから、奨学金の支払いは夫がすればいい」という考えは身勝手なうえに、前述のとおり返済の義務から見ても望ましくない。結果的に夫婦で協力して返す形になっても、返済における責任の所在は、借りた人間であることは忘れないようにしたい。

返済に協力している側も、相手を責める気持ちは持たないようにしたい。その奨学金のお陰で、現在の相手の職業やスキル、生き方があるからだ。その相手を好きになり、結婚を決めた以上は、気持ちよく相手に協力していこう。

奨学金の返済を抱えていても、幸せな結婚をしている人は大勢いる。奨学金を理由に結婚を諦める前に、まずはしっかりと現在のパートナーと話し合ってみよう。

遊びや浪費で作った借金とは異なり、奨学金はその借りた人間の一部を為すものだ。奨学金の返済があることを告げられた側も、そのことを忘れずに、しっかりと向き合うようにしたい。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。