人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

盗難にあってもIoTで大切な自転車を監視できる「GPS BoT」その実力を試してみた

2019.02.17

 ……と、ここまでの説明を見ていた限りでは、何だかとってもすばらしくて、全く隙のないGPS端末のようですが、実際に使ってみないと実力はわかりません。

 そこで筆者はこのたび、「GPS BoT」を、自腹で入手して、電動バイクの盗難対策をして、万全の体制を備えることと致しましたので、早速、開封の儀です! 購入したのはもちろん奥さんには内緒です!

「GPS BoT」の外装は、とってもスマートです。シンプル・イズ・ベストですので、期待できそうです。

 裏面の取り扱い説明書にしっかり目を通しておきましょう。とはいえ、基本的には専用のスマホアプリをダウンロードして、本体をMicro USBケーブルで充電しておけばオッケー。商品購入の時点でペアリングの設定をしているようなので、充電ケーブルにつないでしばらくしたら、アプリの方で、勝手に「GPS BoT」を認識してくれていました。気が利いてますね!

 また、通知スポットを登録すれば、その場所に到着したり離れたりすると、すぐに通知してくれます。さらにAI機能で賢くどんどん自動的に最新版にアップデートしてくれるので、その結果、性能がぐんぐん向上していきます。

 電動バイクの盗難防止用であれば、バッテリー優先モードがいいようです。そうすれば、電池はまる数日持ちます。自宅に戻って寝ている間に充電をしておけば、特に問題ないでしょう。あとは、「GPS BoT」に、バイクの監視を任せましょう。こりゃあラクチン!

 ちょっと見ただけではわからない場所に、「GPS BoT」を隠しました。どこに陰蔽したのかは、さすがに内緒です!

 大切な電動バイクを見守りたいです!IoTで365日24時間監視してくれる見守りGPS「GPS BoT」。

 もうこれで、盗難されても怖くありません!でも、ここだけの話、ホントに盗まないでくださいね!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、若しくはメーカー・販売店サイト、又はwikipediaなど
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものでは御座いません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※海外通販の購入(輸入)やクラウドファンディングの出資については、筆者及び編集部はその商品やプロジェクトを保障するものでは御座いません。輸入や出資は自己責任となります。御注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於(お)いては、飽くまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所は大体フィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。