人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ザ・スイート」は圧巻!TWILIGHT EXPRESS瑞風の豪華絢爛な車内をレポート

2019.02.11

「「瑞風」の最上位クラス「ザ・スイート」

さあ、いよいよJR西日本が誇る「瑞風」の最上位クラス「ザ・スイート」の室内を見てみよう。

「ザ・スイート」があるのは7号車。驚くことに7号車はこの部屋しかない。そう、「瑞風」の最上位クラスは1両丸々使って構成されており、このような設計は国内では「瑞風」だけ、世界的に見ても希少な「1両1室」という超絶豪華なレイアウトとなっている。

全てが異次元の701号室「ザ・スイート」

701号室のドアを開けるとそこには客室に続くエントランスが。正面にはプライベートバルコニーがあり、外の風を感じることができる。

豪華なエントランスが異世界への入り口

窓の開くプライベートバルコニー

階段を上がるとリビング・ダイニングスペースがゲストをお出迎えする。写真だけ見ていると、列車であることを忘れてしまう光景ではないだろうか?

広々としたリビング・ダイニングスペース

リビング・ダイニングスペースで食事を楽しめるのも「ザ・スイート」の特権

豪華で開放的なリビングを抜けると、続いてラグジュアリーなベッドルームがある。窓が大きく、景色を見ながら横になれるのもいい。。

リビングの先にやわらかな光に包まれたベッドルームがある

ここまででも十分に驚きの設備だが、極め付けが一番奥にレイアウトされたバスタブ付きのバスルームだろう。白を基調とした明るいバスルームにはシャワーブースのほか、猫足の本格的なバスタブも完備。列車の揺れでもお湯がこぼれない特許取得の特別設計だ。

ディフューズ加工された天窓からは天然光がやわらかく室内に注ぐ。バスタブの横には窓もあり、車窓を眺めながらの入浴も楽しめ、まさに列車ならではのバスタイムが過ごせる。

この写真はホテルではない、列車の中だ!

車窓を眺めながら湯船に浸かる、そんな極上の時間を満喫できる

他室のない7号車の外は通路のみ

「ザ・スイート」にはトイレがエントランスとバスルームの2か所にあるが、これはリビングスペースにほかのゲストなどを招待する、といったシチュエーションを想定した配慮だ。まさに走るホテルの「スイート」のしつらえと言えるコンセプトであろう。

部屋のソファはベッドに転換もでき、2〜4名での利用も可能。食事なども隣の食堂車ではなく、自室で楽しむこともできる。

ここまで「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のゲストルームを探検してきた。しかし、この列車の魅力はまだまだこんなものではない。特別な旅のおもてなしのストーリーを別編にてご紹介しよう。

https://dime.jp/genre/663976/

取材・文/村上悠太

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。