人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホームボタンのあるiPhone 8/8 Plusの「サイズ感」を購入前に見極めるコツ

2019.02.07

2018年リリースのiPhoneからホームボタンが消滅してしまった。「やっぱり、ホームボタンが欲しい!」人にとっては、iPhone 8/8 Plusは貴重なモデルだ。

あえて「ホームボタンあり」なiPhone 8/8 Plusの購入を検討するにあたって、スペック以上に注したいのが「サイズ感」だ。この記事では、現在、使っている古いものや、最新のiPhoneと比較しつつ、使い勝手に大きく影響する「サイズ感」について掘り下げていく。

【参考】

2018年に登場したiPhoneの最新モデルをおさらい

iPhone XS/XS Max/XRを徹底比較!今、買い換えるならどれが正解?

ホームボタン必要派は入手しておきたい「iPhone 8」の賢い選び方

まずはiPhone 8/8 Plusの「サイズ」を知る

iPhone 8/8 Plusの「サイズ」を知るうえで、必要となる知識を以下に解説していこう。

iPhone 8/8 Plusのサイズで「インチ」って何?

iPhoneに限らず、スマホやテレビのサイズで使われている「インチ」とは何だろうか? これは長さの単位で、数字は画面の対角の長さを意味している。iPhone 8は4.7インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチと、当然だが数値が高いほど、画面のサイズは大きくなる。

iPhone 8/8 Plusの画面サイズはピクセル数だとどれくらい?

画面が大きくても、ピクセル数が少ないと、けっきょく画面はキレイに表示されない。Retina HDディスプレイを搭載するiPhone 8/8 Plusなら、画質が粗いことはないが、やはり数字は押さえておきたい。ピクセル数は、iPhone 8が1334×750ピクセル、1920×1080ピクセルとなっている。

iPhone 8/8 Plusの画面サイズは、どこを見ればいい?

インチもピクセルも、画面サイズを表す数字であることがわかった。では、結局のところ、どちらの数字を重視すればよいのだろうか?

iPhone 8/8 Plusを手にしたときの画面サイズは「インチ」を見よう

購入するときに気になるのは、やはり実際の大きさだろう。つまり、ピクセルではなくインチを見るのが正解となる。テレビやパソコンディスプレイを買うときもインチでサイズ感を測ると思うが、それと同じというわけだ。

ちなみに、1インチあたりのピクセル数を示す値が解像度(単位はppi)。iPhone 8は326ppi、iPhone 8 Plusは401ppiとなっている。iPhone 8 Plusのほうが、若干だが解像度が高い。

iPhone 8/8 Plusに設定する壁紙のサイズはどうすればいい?

お気に入りの写真を壁紙にしたいときに、iPhone 8/8 Plusでは、どれくらいサイズにすればよいのだろうか? iPhoneでは、画面サイズ(ピクセル)を下回る壁紙は、自動的に拡大されてしまう。できれば、これを上回る壁紙を用意しよう。また、縦横比が合っていないと、壁紙に設定した写真の一部がカットされてしまう。縦横比も合わせるようにしたい。

iPhone 8/8 Plusの実際のサイズ感は店頭で確認しよう

iPhone 8と比べると、 iPhone 8 Plusは大きい。とはいえ、写真やデータ上の数字だけでは、実際に持ってみた感覚まではわからない。購入を検討しているなら、できれば店舗まで出向いて、2つの違いを比べてみよう。サイズが違えば当然、重さも異なるので、持ってみた具合も確認したいところだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。