人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.25

2030年の人手不足はどれくらい深刻?業種別、職業別、都道府県別にみる予測リスト

人手不足が叫ばれている中、あと11年後の2030年にはどのくらいの人手不足になるのか。その推計値が、株式会社パーソル総合研究所と中央大学教授・阿部正浩が行った共同研究によって分かった。また、どの業種や職業が最も人手不足になるのか、どの都道府県が最も人手不足になるのか、という推計値も出された。その結果と共に、どのような対策があるのかも見ていこう。

2030年にはどのくらいの人手不足になる?

人手不足はより一層深刻化している。厚生労働省 一般職業紹介状況によると、2018 年5月の有効求人倍率は 1.6倍と、1974 年 1 月 (1.64 倍)以来、44 年 4 カ月ぶりに 1.6 倍台に達し、9月には1.64倍となっている。

また帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)」では、正社員が不足していると回答した企業は全体の52.5%を占めた。これは前年同月の同調査から3.4ポイント増という結果だ。

では、2030年にはどのくらいの人手不足になるのだろうか。

パーソル総合研究所と中央大学が出した「労働市場の未来推計2030」によると、「644万人不足」となるという。これは、「労働需要7,073万人―労働供給(※失業者61万人を除く)6,429万人」のという計算式によるもの。

2030年までの人手不足数と実質賃金の推移は次のようになる。

出典:パーソル総合研究所×中央大学「労働市場の未来推計2030」より

2030年の人手不足「産業別」「職業別」「都道府県別」

続いて、産業別、職業別、都道府県別にみていこう。

●産業別

出典:パーソル総合研究所×中央大学「労働市場の未来推計2030」より

産業別にみると、最も多いのが「サービス業」、次いで「医療・福祉」「卸売・小売」「製造業」と続く。

●職業別

出典:パーソル総合研究所×中央大学「労働市場の未来推計2030」より

職業別にみると、最も人手不足となると予想されるのは、「専門的・技術的職業従事者」の研究者、製造技術者、情報処理・通信技術者、医師、保育士、裁判官、公認会計士、教員等。

次いで「事務従事者」の庶務事務員、人事事務員、企画事務員、総合事務員、秘書、会計事務従事者等となった。

●都道府県別

出典:パーソル総合研究所×中央大学「労働市場の未来推計2030」より

出典:パーソル総合研究所×中央大学「労働市場の未来推計2030」より

都道府県別では、50万人以上不足するのは、東京都、神奈川県、20万人以上50万人未満不足するのは埼玉県、千葉県、静岡県、愛知県、兵庫県となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。