人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.19

画面がせり上がる!?有機Eテレビの未来形「LG Signatures OLED TV R」

大画面テレビのトップエンドは「8K」の時代へ

 みなさんは「8K」テレビをご存じだろうか? 今主流である「フルハイビジョン」テレビの画面は、横1920×縦1080ピクセルの画素で画面が構成されている。これに対して4Kテレビは、縦横共に2倍の3840×2160ピクセル、8Kテレビは縦横共に4倍の7680×4320ピクセルで画面が構成される。つまり、同じ画面サイズならフルハイビジョンテレビに比べて16倍の画素となるわけで、精細感に圧倒的な差が生じる。

 CES 2019会場を取材した結果、どうやら大画面テレビは順当に、「4Kの次の8K」へと進化していくようだ。

「8K」のトレンドを牽引しているのは、世界1位の大画面テレビメーカーであり、2018年から8K液晶テレビを発売しているサムスンだ。そして、世界2位の大画面テレビメーカーでありCES 2019で8K有機ELテレビ、8K液晶テレビを出展した韓国LGも、サムスンに遅れまじと開発を急ぐ。

サムスンは自社液晶パネルによる「QLED 8K」を展開

LGは8K有機ELテレビ「OLED TV 8K」を今年発売

LGからは8K液晶テレビ「NanoCell TV 8K」も登場

 国内メーカーも8Kに注力する。CES2019でソニーが98/85型の8Kテレビ「Z9G」を披露。シャープは既に2018年11月より8Kテレビを国内発売中であり、中国ブランドも8Kパネルを採用したテレビを出展するなど、もはや「8K」は特別なものでは無くなりつつある。

ソニーの8K液晶テレビ「Z9G」

 8Kテレビの普及には8K放送を始めとしたソース・コンテンツが必要という意見も多いが、サムスンとAmazonプライム・ビデオによる8K映像配信や、シャープによる5G回線利用のコンテンツなど、研究開発は進んでいる。

 振り返ると4Kはハードウェアの開発・販売が先行し、10年近くの期間を経て放送や映像配信の環境整備が追いついた。「8K」も同じシナリオとなりそうで、まずはハードウェアが普及してから、放送や配信が追いつく模様だ。

取材・文/折原一也

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。