人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.13

乗ってわかったカー・オブ・ザ・イヤー受賞車ボルボ「XC40」の本当の魅力

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーを、トヨタ・カローラスポーツとの接戦を制して受賞したボルボXC40。ボルボはXC60に続く2年連続の輸入車としてのイヤーカー受賞であり、これは日本カー・オブ・ザ・イヤー史に残る快挙といえるだろう。

XC40はデザイン、走りだして10mもいかないうちに感動できる走行性能、日本車も真っ青の収納やアレンジ性を含む使い勝手、そして世界最先端の先進安全支援機能、389万円からの価格など、ボルボファンならずとも魅力を感じるコンパクトSUV。その人気ぶりは周知の通りで、昨年末の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞時点でのバックオーダーは約1000台とも言われ、2019年は約250台の輸入枠拡大を日本側からリクエストしたと聞いている。

ズバリ、いいに決まっているXC40だが、これまでお伝えしてきた車両は、主に上級のT5 Inscription AWD、あるいは1stエディションのR-Design AWDであり、ともに四輪駆動で、2Lガソリンターボエンジン+8ATのスペックは252ps、35.7kg-mというものだった。

実質的なベースグレードは439万円の「T4 Momentum」

しかし今回、やっと標準的なT4 MomentumグレードのFFモデルに試乗することができた。XC40のベースグレードはXC40 T4 だが、素の良さがあり、手抜きなしの先進安全支援機能「インテリセーフ」の装備こそ上級グレードと変わらないものの、ECOモードを含むドライブモード・セッティング、パワーシート、HDDナビ、後席エアコン吹き出し口が設定されないなど、気になる人は気になる仕様なのである。つまり、実質的なベースグレードはこの439万円となるT4 Momentum(FF)と言っていい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。