人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneの「自動ロック機能」の設定と解除方法を解説!

2018.12.31

iPhoneをしばらく放置すると画面が暗くなり、ホームボタンを押すとすでにロックがかかっている……。セキュリティ面では安心でも、ちょっと面倒なこの仕様は、iPhoneの「自動ロック」機能だ。

この機能は、購入時点でオンになっている。そのため、設定をいじらない限りは、自動ロックがかかる状態になっている。この記事では、そんな自動ロックのメリットや、設定でオフにする方法などを解説する。

そもそもiPhoneの自動ロックとはどんな機能なのか?

自動ロックとは、iPhoneを少しでも放置すると、自動でロックをかけてくれる機能だ。

この機能のメリットは2つあり、1つはセキュリティ面。iPhoneに限らず、スマホはメールや連絡帳を始め、プライベートな情報がぎっしり詰まっている。これを、知らないうちに他人に使われてしまったら、大変なことになりかねない。

これを防ぐためには、iPhoneをロックすればいいのだが、手動だと忘れる可能性がある。また、手動の場合は、ロックするまえに紛失すると完全にアウトだ。一方、自動ロックなら、iPhoneを放置していても勝手にロックがかかる。紛失時も安心というわけだ。

もう1つのメリットが、節電効果だ。iPhoneは自動ロックがかかると、ディスプレイもオフになる。ディスプレイの消費電力は大きいので、使わないときにオフになっていると、かなりの節電になる。バッテリーの持ちをよくして、稼働時間を増やそう。

iPhoneの自動ロックを設定する方法

前述のとおり、iPhoneは最初から自動ロックがオンになっている。ここでは、ロックされるまでの時間の調整や、ロックを切る方法をご紹介しよう。

まず、「設定」アプリを起動して、「画面表示と明るさ」をタップ(画像左)。次に「自動ロック」をタップする(画像中央)。この画面では、自動ロックするまでの時間を、30秒/1分/2分/3分/4分/5分/なしの中から設定できる(画像右)。「なし」を選ぶと、自動ロックしない状態になる。

iPhoneで自動ロックするまでの時間を5分以上にするには?

残念ながら、現行のiPhoneでは、自動ロックするまでの時間を5分以上にはできない。どうしても5分以上にしたいときは、自動ロック機能をオフにするしかない。

たとえば、本を読んだり書類を見たりしていると、iPhoneを操作しない時間が長くなり、自動ロックが働いてしまうことがよくある。こうなると画面が暗くなり、結果的に読むのを邪魔されるので、上記の方法で一時的に自動ロックを解除しておくといいだろう。

ただし、iPhone X以降の機種を使っている人は、こうしたわずらわしさから解放されている。このモデルから搭載されたFace IDのセンサーによって、画面を注視しているあいだは、自動ロックが作動しないようになっているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。